行かなくて良かった?

昨日、南ア深南部の不動岳へ友人が登ってきた。土曜夜からの雨のせいか夜露のせいか、笹漕ぎでパンツまでグショ濡れになったそうだ。
私が行こうとした房小山も途中に背丈程の笹を漕ぐ所があるのを考えると、行っていれば同じ目にあったことは想像に難くない。

現時点での天気予報は、3日・5日とも雨は降りそうにない。どちらの日に行くか未だ決めていないが山頂往復に10時間ほど見なければいけないので、家を出るのが4時で6時頃から歩き始めたいと考えている。

友人からの情報では、紅葉に期待が持てそうだ。
スポンサーサイト
18:03 | 今日は | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

家で

昨晩の天気予報と10時の気象通報を聴き、出かけるのを半分諦めた。
4時に目が覚めたが雨音が聞こえたのでそのまま寝てしまった。
6時半に起きたときには雨も上がっていて、南の空は明るさも見えたが北側の空は厚い雲が覆っていた。
これではガスの中、しかも濡れた笹の中を歩かねば…。と、いうことで今日は秋のパトロール結果(全て集まってはいないが)をまとめるため、PCの前に座ることにした。

一日家の中に居て何か勿体ない日を過ごしてしまったような気がするが、今度の日曜に紅葉を楽しむことに気持ちを切り替えることにする。
目的地は、南ア深南部入口にある房小山(青笹)。見頃は1週間は続くと思うし、後半になれば赤色が強くなり、写真を撮るには好都合かもしれない。



いつも「ぐるなび」をご利用いただいている皆様に感謝の気持ちを込めて
「今だけポイント5倍の特別宿泊プラン」&「グルメな宿宿泊券プレゼント」を実施いたします。
憧れの名宿から人気のオーベルジュまで、
グルメな宿の10周年限定オリジナルプラン多数あり!
しかも今なら掲載宿にご宿泊いただくとポイントが5倍に!
さらに日本全国から厳選した人気のグルメな宿
15施設の宿泊券プレゼントキャンペーン実施中!

  
21:06 | 今日は | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

どうしよう

明日は紅葉狩りの予定なのだが、静岡方面の天気予報にはが出ている。先週は家まで車で5分という頃から降りだしたのだが、明日は明け方3時頃まで、その後昼前後にまた

雨でも出かける・家でゴロゴロ、どちらにするか大いに迷っている。
普通の人なら山などへ出かけないのだろうが、私は…んん?!
21時の情報で決定かな? 
18:17 | 今日は | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

二度目の冠雪

今朝、再び白くなった富士山が見えた。
富士宮側は九合付近、山梨側は八合付近までだろうか、初冠雪のときよりも150から200m下まで雪をまとっていた。
まだ根雪にはならないだろうが、雪を見ると何故かウキウキしてくる。

雪を踏む前に、まず紅葉を楽しまなくては!
18:45 | 今日は | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

一斉に

今日は県内の東海自然歩道で、一斉にアンケート調査が行われた。
これは毎年10月第4日曜に行われるもので、私達は龍爪山の穂積神社で調査活動を行った。
穂積神社  登山道もあるが、車でも行ける



看板1  クリックで大きく

看板2

アンケート調査の内容は

調査票
上のような内容を聞き取って記入すること。

静岡県中部は午後から雨という天気予報のせいか、入山者数は少なめ。9時から調査開始。いつもの日曜なら午後になっても登ってくる人が多いのだが、今日は殆んどなし。(朝から曇りで、少し薄日が差した程度) それでも静大山岳会OB会の18名、ウォーキングの会の48名などの団体さんを含め、調査できたのは23グループ約100名にのぼり、調査もれが20名ほどだったように思う。
調査中には所属会のU氏、市岳連顧問のS氏(心臓ペースメーカーを埋め込んでおられるが、毎週どこかの山に登っているというスーパーマン?)、K会の二人、静岡AテレビのH氏など顔見知りも足慣らしに登ってきた。 

また東海自然歩道サブコースの満観峰(晴れていれば、富士山の眺めが素晴らしいところ)でも市岳連の二名が調査したが、こちらは13時過ぎまでに用意した40枚の調査票が終わってしまったとのことだった。
 

先週と今週は私的山行ができなかったが、来週からは紅葉を求めて自然林の山を歩くようにしたいと思っている。

17:39 | 今日は | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

仙水峠

昨日、南ア甲斐駒ケ岳南にある仙水峠に行ってきた。
素晴らしい好天に恵まれ、霞んでいて見られる写真にはならなかったが、北ア槍穂乗鞍そして奥秩父の甲武信ヶ岳周辺も望むことができた。

甲斐駒  クリックすると大きくなります。
左から 甲斐駒ケ岳、駒津峰、双子山
甲斐駒ケ岳  甲斐駒のUP
  
鋸岳  鋸岳

鋸1  鋸岳大ギャップ

こんな眺めを北沢峠へのバスの中から見て、仙水峠へ登ったら

駒と摩利  甲斐駒ケ岳(左)と摩利支天

摩利支天1  摩利支天

地蔵  鳳凰三山の地蔵岳  オベリスクもはっきりと

千丈  仙丈岳方向 (小仙丈岳)
などが見えた。

で、紅黄葉はというと

双子山  双子山の西側斜面

仙水下  双子山の南側斜面(仙水峠下から)

摩利支天下  摩利支天の下部

と、色付きはイマイチかな

静岡発6時過ぎ。北沢峠を12時過ぎに歩き始め仙水峠着1時半頃。3時半頃北沢峠からバスに乗り、戸台口に戻り、仙流荘でお風呂に入り、静岡に戻ったのは9時半過ぎ。

随分時間が掛かった散歩でした。

22:22 | 尾根 | comments (3) | trackbacks (0) | edit | page top↑

お散歩

三時間ほどの散歩に行ってきました。
木々の色付きは、イマイチかな?
摩利支天
 
23:43 | 尾根 | comments (3) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ドライブ

今日は家内と二人で、?十年ぶりのドライブに行ってきた。

予定では7日夜から常念に出掛けるつもりだったが、台風並みの低気圧の動きが遅く「風が残りそう」と思い、夕方になって計画を中止した。
夜のニュースで北アの遭難が報じられ、家内が一言「出かけなくて良かった」と。

で、家に居てもする事がないので山を眺めるドライブに出かけた。
静岡~韮崎~日野春~甲斐大泉(天女山)へ行き、帰りに温泉に入ってくるというコース。
甲斐駒と鋸  クリックすると大きくなります
甲斐駒ケ岳と鋸岳
鳳凰
鳳凰
南八ヶ岳
南八ヶ岳
上の三枚は、中央線・日野春駅前の展望台にて
 
赤岳と阿弥陀岳
赤岳と阿弥陀岳
 これは八ヶ岳高原大橋左岸展望台?から

富士山
富士山
瑞牆山と金峰山
瑞牆山と金峰山
  この二枚は天女山から

山の紅葉は確認できなかったが、暖かな日差しと素晴らしい展望に恵まれ、家内にも目の保養をさせてやれたようだ。 (家内も十?年前までは一緒に歩いたが、今も山遊びに出かけるのは私しだけ)

俳優のYHが営んでいる店でお茶を飲み、市川三郷町(旧六郷町)のつむぎの湯で温泉に浸かり、のんびりとした一日を過ごした。 
 
22:12 | 今日は | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

初冠雪

今日の午前11時頃、富士山の山頂付近が白くなっているのが見えました。

仕事で車を運転中だったので写真も撮れませんでしたが、確かに冠雪していました。
標高3600m付近から上が、白く光っていました。
昨夜の雨は暖かかったので、まさか雪になるとは思っていませんでした。

紅葉の話題が伝えられていますが、まもなく北アの冠雪も伝えられることでしょう。
18:51 | 今日は | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

食べ物がナイ!

今日もパトロールに行ってきた。
ここ何年か同じコースを、5月・10月そして1月に歩いている。そのおかげで、動物達の行動もある程度判るようになってきた。

先週も書いたが、動物達の食べ物がない。
毎年、真っ赤な実を付けているはずのナナカマド。登山道脇の目に見える範囲内の、ナナカマドに実が付いていなかった。小鳥たちが雪が降る頃から食べ始める木の実だが、それが無かった。
足元には、イノシシが食べ物を求めて地面を削った痕が、二十ヶ所以上見られた。これも例年にない多さだった。
またシカにより木の表皮が剥がされ、表皮と幹の境にあるアマ皮が食べられているものも何本か見られた。

これは安倍川流域、いや先々週から歩いている安倍川源流域だけの現象かも知れないが、一昨年以上の野生動物による農作物の被害が多発するような気がする。

21:23 | 今日は | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑