桜満開

静岡市の中心部の桜が満開になりました。 
先週は寒の戻りで寒い日が続き、当初の開花予想から遅れて開花しましたが、この三日ほど暑い日(今日は夏日)が続き満開になりました。

上の三枚は駿府公園(駿府城跡)のお堀沿いで、下の三枚は近所の公園で撮りました。
写真はクリックすると大きくなります。

桜 1  中堀、巽櫓横にて(半逆光なので…)
午前中のかなり強い雨で、水面には花びらが。
桜 2  外堀、県庁横にて

桜 3  同上

桜 4 

桜 5

桜 6

スポンサーサイト
18:18 | 今日は | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

富士山で 大雪崩

富士山の大沢崩れで大雪崩があったという新聞記事(3/26)を読みました。そして今日の朝刊には、27日までに富士山スカイラインで大規模な土砂崩れが発生しているのが見つかったという記事が掲載されていました。どちらも25日以降の発生らしい、との事。

特に大沢崩れの雪崩は、地元では「雪代」と呼ばれ、欧州では「スラッシュフロー」と呼ばれるようで、雪や氷と多量の土砂を含むものだそうです。
その映像を富士砂防事務所の監視カメラが捕らえました。
その資料は http://www.fujisabo.go.jp/db/db-kisya/070325.pdf
        http://www.fujisabo.go.jp/jimusyo/fujiazami/fujiazami47/fujiazami_02.html 
映像は    http://www.fujisabo.go.jp/db/db-kisya/070325wmv.html  にあります。

25日はどなたも山行を中止した大雨の日。
雨量と気温を調べたところ、東麓の御殿場市では131mm(降り始めから8時まで)、15.3度(8時)。西麓の白糸のアメダスでは78mm。そして富士山頂の気温は、7時 -1.1度、8時 -1.2度と非常に暖かでした。

富士山スカイラインの件に関して
SBSTVのニュース  http://www.digisbs.com/newsilocal/20070328000000000057.htm では、雪崩としています。私は、これもスラッシュフローだと思っています。

富士山では過去に雪崩による大量遭難が起き、市岳連の先輩が何人も亡くなられています。道路の除雪が進むと富士山に入山する方も増えると思いますが、雨後や異常高温など雪崩の発生しやすい条件の揃う時には、他の山も含めて入山を控えたほうが良いだろうと思います。

18:37 | 今日は | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

五ヶ月半

久し振りに、下の男の子K君です。
今月始め頃から寝返りができるようになり、今では仰向けに寝かせてもすぐにうつ伏せになってしまいます。
写真は全てクリックすると大きくなります。
k 1  身体を横にし
 
k 2  両足を伸ばして

k 3  起きました

k 4  ジジ馬鹿ですが、笑顔がとっても可愛いと思います
5分ほどすると、頭を上げているのが大変になり、ぐずり始めます。 時々自分の爪で顔に傷をつけるので、瘡蓋がなくなりません。
k 5  こんなイスにも座れます

k 6  ふんぞり返って威張ってます
 
上の女の子と比べると、顔も男らしさがあり、成長も早いように感じます。 
20:12 | | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

捜索 その後Ⅲ

何かと忙しく、随分長い間更新できませんでした。

昨年12月に発生した遭難事故についての報告です。
私個人は、1月に八森山東面を捜索して以降、一日半しか山へ入る時間が取れず捜索には出かけられませんでした。
その代わりと云ってはなんですが、遭難したS氏のご兄弟(三人)が探されています。
1月中旬からご兄弟のお一人と手紙、電話等で連絡をとっていて、三人が歩かれる予定の尾根の情報を差し上げたり、その結果を伺ったりしています。

「市岳連の動きは」というと、1月の常任・2月初旬の理事会でもう一度「大勢で探してみる」ことを決定しました。
4月8日の予定です。 
来週の27日にこの件に関して理事会を開き、参加人数の確認と、捜索範囲を決定する予定です。

捜索範囲は二王山~八森山~三星峠。東面の尾根と沢、そして12月には探さなかった西面の沢(個人的に気になっていた沢)と尾根で、かなり険しい個所、情報の全くない場所等が含まれています。

市岳連加盟19団体から何人出てくれるのか? 岩・沢の経験者が何人いるのかがポイントになります。
18:00 | 遭難・事故 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑