行ってきました

4月29・30日で南アルプスの茶臼岳、上河内岳に行ってきました。
二日とも快晴に恵まれ、春山を楽しめました。

上河内岳
上河内岳 2803m 
茶臼岳
茶臼岳 2604m
聖岳
右の大きな山が 聖岳 3013m

とりあえずのUPです。 続きは明日以降に…
スポンサーサイト
21:12 | 尾根 | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑

上河内へ

十?年振りに、GWに休めます。

所属会の新入会員から「カミコウチへ行きたい」とのことで行くことにしました。
カミコウチは南アの上河内岳のことで、言葉だけでは北アの上高地と良く間違えます。

1時間後に出発し、今晩は畑薙ダム上流の沼平にある「登山指導センター」泊です。 月曜の夕方には帰宅する予定です。

早ければ月曜夜には、写真だけでもUPできるかも知れません。

では、行ってきます。
18:49 | 今日は | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

端午の節句

二番目の孫 K君 がまもなく初節句。 五月人形は今月始めから飾ってあります。

五月人形

K君 六ヶ月を過ぎ、離乳食を食べ始めました。 ヨダレですごいので、口の周りが炎症を起こしてしまいました。
ちょっと変わった髪形(モヒカン風)をしていますが、親がバリカンを使ってイタズラしたのです。 
なんか似合っているように思えます。
k-1

ついこの前までは両手両足を広げて飛行機のような姿勢をとったり、手足を突っ張って身体を持ち上げて(腕立て伏せのような感じ)いました。 今週に入って、足を曲げることを覚えました。 ハイハイまでにはなりませんが、後退と方向転換ができるようになりました。
k-2

k-3


お姉ちゃんのMは動きが活発になったのと、弟に対して少しやきもちをやくようになったようです。  
M-1
 
18:18 | | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

4月に雪

強い寒気のためあちこちで雪が積もったようですが、暖国といわれる静岡市でも積もりました。
と、云っても市街地ではありません。 安倍川流域の山々が白くなっているのが望めたのです。
会社に行く時に富士山が、その後安倍川東側の真富士山、十枚山、八紘嶺、大谷嶺などと、大谷崩が真っ白に見えました。

4月しかも中旬も終わりの頃に富士山の標高2000m付近まで、安倍奥の山々(標高1000m以下まで)が白くなったのには驚きました。 黄金週間に山伏で腰まで潜る残雪の中を歩いた記憶(30年強前)はありますが、この時期に積もったのを見た記憶はありません。
(写真に撮れる距離・天候ではなかったので写真はありません) 

しかし駿府公園の中堀では、葉だけになったサクラや新芽に変わったクスノキの下で、色とりどりのツツジが咲き誇っています。
ツツジ1

ツツジ2

ツツジ4

ツツジ3

ヤナギも薄緑の新芽を延ばし始めました。  
ヤナギ


土曜の夕方から市岳連の総会があります。 その資料作りも終わり、なにかほっとした気分です。

そして今日早朝に、静岡茶市場で新茶の初取引が行われました。
取引量は昨年の倍ほどあったようですが、例年と比べると少なめ。 取引価格の最高値は、清水区両河内産のもので1キロ当り何と88000円だとか。 卸でこの値段ではとても私達が飲めるものではありませんが、お茶処に住む私達は「新茶」をとても楽しみにしています。

17:17 | 今日は | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ワラビ採り

のんびりと9時に家を出て、車で45分走り、35分歩いて山をひとつ越えて目的地に到着。

ついてみると昨年までと様子が違いました。下草刈りが行われ、当初の目的だったタラの木は殆んど切られていました。残った木も暖かさのため葉が伸び、収穫には少々遅かったようです。そしてワラビも思いのほか伸びていました。 タラの芽の柔らかなものとワラビを小さな袋に一杯採ったところで、別の場所へ移動することにしました。

市街地
晴れていれば駿河湾・伊豆半島もはっきり見えるのですが。 遠く霞んで見えるのは「日本平」です。
車で30分強走り、安倍川の東側の山へ。また45分ほど歩いて第二の目的地に着きました。
ここでは思ったとおり、ワラビが摘み頃の大きさになっていました。
半日影に生えているので50cmほどの丈があり、柔らかな部分が30cmほどあります。
気がついたら大きな袋に2杯(家に帰って計ったところ、3.5kgありました)と、ちょっと採りすぎ?でした。

ワラビと足袋
地下足袋に脚絆が、ヤブ山歩きの定番です。

帰宅後すぐに重曹で処理し、何軒かにおすそ分け。会社にも持っていきます。それでも我家には1kg以上残るでしょう。
しばらくの間、食事のたびに食卓にのることになります。
21:11 | 今日は | comments (3) | trackbacks (0) | edit | page top↑

有害鳥獣撃退

昨日の静岡新聞夕刊に、所属会会員の記事(写真を含めて半5段組み)が載りました。山での遭難でも犯罪を犯したのではなく、シイタケ栽培の害獣を撃退する装置を創ったというものです。  

山歩きの途中でシイタケが栽培栽培されているのを良く見ますが、私も「サルに食べられて困っている」とあちこちで聞いていました。防獣ネットを張ったり、犬を常駐?させたり、音楽を流したりと、農家の苦労は並大抵ではありません。これでシイタケ農家も少しは楽になるかも知れません。

装置は「ほだ木の上に設置した熱センサーが一度目の進入を感知するとスピーカーから大音量を発し、一分以内に二度目の侵入を感知すると爆竹が鳴り響く」「センサーの稼働時間を制限して電力を節約する仕組みや、爆竹が無くなると自動的に連絡が付く携帯電話も設置する」というもの。
一番の特徴は「動物に危害を与えず、寄せ付けない」こと。
市内山間部のシイタケ栽培地で実証試験も行い、農家から「装置のおかげで被害が無くなった」と感謝されているそうです。

彼からこの「装置」のことを初めて聞いたのは、かれこれ5年ほど前のことでした。「蚊取り線香を利用して爆竹を鳴らす」というものでしたが、それでは被害が防止できなく、改良を続けていたようです。「モノに成るかな?」と懐疑的に聞いていましたが、遂に完成させてしまい特許も出願したとのことです。
今後は「リスなど夜間に来る小動物にも反応するセンサーにしたい」「電気がない所では、風力発電・太陽電池の使用も」と改良も考えているようです。

市内にはワサビ田も沢山あり、そちらでもカモシカなどによる食害を聞いています。そこでもこの装置が約に立つかも…。

何事もやり続ければ何とかなるものなんですね。

(静岡新聞から一部引用)
19:51 | 今日は | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑

???

先日の捜索中におかしなきを見つけました。

笑っちゃうか、考え込んじゃうか、どちらかだと思いますヨ。

写真をご覧になりたい方は「続きを読む」をクリックして下さい。  
  
続きを読む
12:00 | 今日は | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑

K2

昨年紹介した東海大学K2登山隊の報告書が出来上がったそうです。 
 
登頂に成功した小松由佳隊員(日本人女性初登頂)は植村直己冒険賞を受賞し、隊としては朝日スポーツ賞を受賞。また青木達哉隊員は世界最年少登頂でした。
しかも下山開始後酸素が切れ8200mで一晩ビバーク、と何やら映画かTV番組のようなすごい記録も残してきました。
    
k2

報告書はB5版(ハードカバー、報告書128頁・写真64頁104点)3360円(税込み)とチト高いですが、書店に注文または下記URLからでも注文できるそうです。
http://www.u-tokai-k2.jp/  HP右下に購入予約の欄があります。

登ってみたいと夢見ても、幾多の山屋さんの夢また夢。 
私も購入して載っている写真を見て、自分も登ったような夢を見たいと思います。
18:15 | 今日は | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

山桜

先日の捜索のおり、対岸の斜面に山桜がとてもきれいに咲いていました。
今日仕事で梅ヶ島へ行ったので、チョコット撮ってきました。 

山桜1
例年だと市街地の桜が満開になって一週間ほど後に咲き始めるのですが、今年は少し早くて「葉桜」になっているのも…。
山桜2
 
山桜3
しかし、まだまだキレイでした。

梅ヶ島小学校横の八重桜です。
八重1


こんなに赤いのもありました。 桜だと思うのですが???
八重2

八重3
桜ではなく ハナモモだそうです。 

日曜は捜索の途中でタラの芽を見つけ、ほんの少しいただいてきました。
今度の日曜はワラビ採りに行きます。 しばらくの間、登ることより山菜中心になります。
18:48 | 今日は | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

捜索 その後

今回の捜索(一部ですが)の様子が、下記アドレスにてご覧になれます。 椎の木沢をクリックしてください。
http://www3.tokai.or.jp/kotarosend/index.htm
静岡こまくさ会の報告です。






17:23 | 遭難・事故 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

捜索 その後 Ⅴ

今日行われた捜索の結果は、残念なことですが何の成果も得られずに終わってしまいました。

捜索には市岳連から70名強、県警山岳救助隊から3名が参加してくれ、予定されたルート及び範囲を潰せたと思います。しかし、何の成果もありませんでした。

私達は稜線の西側から「栗の木(1029m)」へ、そして「八森山(1094m)」を往復しました。 
 栗の木 1
左から段々高くなる尾根が「二王山」へ続き、中央の三角のピークの奥が山頂になります。
中央に伐採地(斜めに)が見えますが、その一番高い所が西側の奥仙俣への分岐となる「二王峠」になります。

栗の木 2
二王山西隣の「込岳(1309m)」と奥仙俣集落。

栗の木 3
背より高い笹ヤブ。 二王山~見月山まで赤布を付けました。

栗の木 4
こんな小屋が山中に沢山あります。 全てを確認したわけではないと思いますが、見つけた小屋が最近使用された形跡はありませんでした。

以上、とりあえずの報告です。
22:09 | 遭難・事故 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

捜索 その後 Ⅳ

昨年12月に二王山付近で遭難・行方不明になっているS氏の捜索を、今週末の8日に実施します。

稜線・尾根が7コース(登山道及び仕事道のある、またそれすらない尾根も)と4本の沢を探します。

3月27日の会合時での参加予定人数は57名でしたが、当日はもう少し増えるものと思います。

四つの沢に25名、稜線・尾根に25名、通信(無線及び携帯電話)に2名を振り分けました。

線ではなく面の捜索とし、獣道を辿ったり、沢では全ての枝沢も探す予定です。
 
気になる天気は、一昨日までの予報では雨の確率50%でしたが、昨日から確率も下がり、今日の予報では曇りとなり一安心です。
S氏のご兄弟も2日から捜索に入られています。 8日に私達が入ってどんな結果が得られるか判りませんが、早くS氏を発見できることを願うばかりです。
18:29 | 遭難・事故 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

暑かった

昨日の続きです。

散歩に出かけたのは8時過ぎで、その時すでに25度以上ありました。
近所の公園で遊ぶつもりだっのですが、地面はぬかるんだままなので駿府公園に変更。 公園から外に出たところで、二匹の犬と散歩中の知人とバッタリ。 犬は二匹ともリトリバー。 孫はその大きさに驚いたようでしたが、自分より大きな犬をナデナデできたことに大喜びでした。(ジジは話しに夢中で、写真を撮るのを忘れてました) (-_-;)
M1

M2  クリックすると大きくなります

M3
芝生の上でボール遊びをしましたが、芝がまばらでデコボコしているので、上手に歩けません。

そのうちに何かを見つけました。 
M4

M5
そうです! 子供達が大好きな水です。 
小さな池で、手を浸けてバシャバシャと…。 
M6

M7
服がビッショになる前に止めさせました。

最後に、滑り台初スベリです。
M8

M9

M10

滑り台の中段に座らせ、自然に滑り始めるのを待って撮りました。
何だろう? という顔から、恐怖? の顔に!
ジジのイタズラが過ぎたでしょうか?
でも、何回も滑って喜んでいました。

因みに、昨日の最高気温は 30.7度 でした。 うそでしょ~ 
12:41 | | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

散歩

昨晩から降り始めた雨、時間雨量10mmを越える時もありましたが明け方には上がりました。
3月は一度も山に行けずに終わってしまいました。今日も八の赤岳行きの計画もあったのですが、雨後の異常高温が予想されたので雪崩が怖く中止にしました。

12時現在の気温は、静岡で30度、清水区で31.4度、長野県でも20度近くになっていますから出かけなくて正解だったかも?!

今から市岳連の総会用資料作りをするつもりです。 

こんな良い天気なのに家の中に居るのは勿体ないので、上の孫と朝の散歩に駿府公園へ行ってきました。
さくら

さくら2
上の二枚は、今日のさくらです。

静岡では今、お祭りの真っ最中!
静岡まつりといって、大御所(徳川家康)が花見に興じたことをもとにしているとか。また、今年は家康が駿府に隠居(実際は「駿府」が政治の中心で、人口も当時10万を超えていたらしい)して400年という事で、今年は特に力が入っているとうです。
満開の桜の下で、家康公の花見を再現した総勢400名の大御所花見行列をはじめ登城行列、夜桜乱舞、駿府城下町の再現などが、繰り広げられます。駿府の春の時代絵巻をご満喫ください。
と、静岡市は宣伝しています。

大御所四百年祭について:http://www.oogosho400.jp/ 
 
 
12:32 | 今日は | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑