山伏 Ⅳ

西日影沢登山口から1時間ほどで「大岩」に着きます。
左右に高さ15m以上の岩があり、その間に道があります。
この岩、いつ、どこから転がってきたのか解りませんが、かなりの年数が経っているのは判ります。 岩肌むき出しの側面と違い、最上部にはかなり太い広葉樹が何本も生えています。
始めは土も無かったでしょうから、その土ができ、木が大きく太くなった今までに、100年いや200年はかかっているかも知れません。
隣の大谷崩は宝永4年(1707年)の大地震によって山体が崩落したといわれていますから、その頃に西日影沢の上流から落ちてきたものかも知れません。 
大岩1

大岩2

下の写真は登山道のすぐ横にある、コケがきれいな所です。
しかし、この場所を知っている人は殆んどいないと思います。(登山道から見えません)
同じ山に何十回も登り、道から外れて(普段の生活では、そんなこと絶対にしませんヨ)あっちこっちウロウロしてると、秘密の場所!を見つけたりします。 でも、皆さんには絶対お勧めしません! 何故なら危険な場所も多いし、自分がどこにいるのか判らなくなることもありますから!
コケ


最後に下のオレンジ色のもの、何だか判りますか? 登山道の真ん中、平らな石の上にありました。 
テンの糞
答えは、テン(雑食)のフン(糞)です。
今は丁度キイチゴが食べ頃の時期。 モミジイチゴを鱈腹食べた結果だと思います。 
何年か前の秋、大井川西側の山で「鮮やかなグリーン」の糞を見つけたことがあります。 サルナシの実を食べたテンの糞でした。 なぜ判ったかというと、糞の中にサルナシの「ケシの実のような種子」が一杯入っていたからです。

そしてこの日(6/24)は、写真には撮れませんでしたがオコジョ(肉食)にも至近距離で遭遇しました。

動物に遭うには「雨や霧の中を静かに歩く」と、その確率が高くなります。 クマに遭うこともあるので…!!!

おまけに、ブーメラン?が二種類落ちていました。
カエデ種1
 
カエデ種2
どちらもカエデの種子ですが、カエデの種類は???です。
スポンサーサイト
13:30 | 尾根 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

山伏 Ⅲ

山伏の西日影沢登山口駐車場手前の川原が白とピンクの花で覆われていました。
ムシトリナデシコ2
 
ムシトリナデシコ3

ムシトリナデシコです。 ピンクは知っていましたが、白を見たのは初めてです。
ムシトリナデシコ1
白は「マンテマ」かも知れませんが、こんな山の中で咲くのでしょうか?

山伏小屋分岐付近には、ツマトリソウが咲いていました。 花弁の数が6~8枚と色々でした。
ツマトリソウ

17:42 | 尾根 | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑

山伏 Ⅱ

今日のニュースに シカの食害でアヤメ激減、祭りも中止に…山梨・櫛形山 というのがありました。
また同じ山梨県の三窪高原でレンゲツツジ祭が中止ということもあったようです。
  
私達が昨日見に行った「山伏」のシカ避けネットは、ヤナギランを守るためのものです。 
ここ何年か毎年花の数が減っていました。良く調べてみたら、シカに食べられていたことが判ったのです。 そこで下写真のようにシカが侵入できないよう柵が設置されました。 
ネット1  クリックすると大きくなります

ネット2 以前から人が入らないよう、木道も設置されています

ネット3

柵の内外とも笹の下に、ヤナギランの若芽はたくさんありました。昨年までは笹の上に芽が出たところで食べられてしまいましたが、今年はネットの中はたくさんの花を見ることができると思います。 
ネットの中というのが残念ですが!
ヤナギラン1  赤く見えるのが若芽です

ヤナギラン2  薄緑の葉を広げているものも

ついでに 雨で霞んでいますが、昨日見えた山頂からの景色です。
大谷崩の頭  大谷崩の頭

十枚山  安倍東山稜の十枚山(中央)


西日影沢登山口から登り3時間ほど掛かりますが、林道からだと30分ほどで山頂まで行けるので、毎年7月下旬から8月上旬の開花季には毎日百人以上の人出になります。

もう一つついでに
高山植物:シカの食害、深刻…希少植物、生態系にも影響--南アルプス という記事も。 
聖平のシカ
上の写真はH5年6月25日18時半頃に、南ア聖岳南側の聖平(2280m)で撮ったものです。
聖平はかつてニッコウキスゲの大群落があったのですが、現在は見ることができません。これもシカの食害によるものです。 静岡県の自然保護室が4年前?にシカ避けネット(10m角×2箇所)を設置したところ、昨年その中でニッコウキスゲが開花しました。そこで来月20m角のものを、もう一つ設置することになりました。 昨年、三伏峠にもネットが設置されました。

動物保護も必要だと思いますが、一つの種が増えすぎると他の動植物に与える影響が非常に大きいということが良く判りました。
20:09 | 尾根 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

山伏

所属会の仲間3人で、山伏山頂に設置されたシカ避けネットを見に行くことに。

予報では、夕方以降に雨とのこと。
歩き始めて1時間半、ヨモギ峠で休憩中に雨が降り始めました。しかし樹林の下では濡れることもないし、雨が降り始めたからといって下るような仲間でもありません。

峠からしばらく登った所で、カモシカさんに遭いました。
左上5mの距離。 「写真撮るからチョット待って」と声を掛け?て撮ったのが下の写真です。 

カモシカ  クリックすると大きくなります
安倍奥のカモシカにしては白かったです。

続きは明日以降に。
16:46 | 尾根 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

シナノキ沢で

沢を歩いていると、魚を始め四足の動物にも遭うことがあります。
今回も一人静かに歩いたせいか、ホンドリスに遭いました。 
リス
動きが早く、この一枚しか撮れませんでしたが、私がいることには全く気付いていないように見えました。 私の真横2mくらいの地面に下りて、ヤブの中に消えていきました。

沢のあまり大きくない淵では、ちびアマゴ(10cm位)が盛んにライズ(飛んでいるカゲロウなどを捕食するため、水面上に飛び出ること)していました。 奥仙俣にはアマゴの管理釣り場と養魚場があったのですが、管理人さんが高齢になったため閉鎖されてしまいました。 子供が小学生の時、その管理釣り場で32cmのアマゴを釣った思い出があります。(20cm以下しか放流しないそうなので、1年以上釣られなかったものらしいです) 

尾根ではコアジサイが咲いていました。 
コアジサイ

そしてキイチゴもありました。 
キイチゴ
上のオレンジ色のはモミジイチゴ。 下の赤色のはクサイチゴ? どちらも美味しかった。 
キイチゴ2

18:24 | 沢登り | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

シナノキ沢 その2 

 “あーぁ 勘違い” 
この日の私の頭は「大分、働きが悪かった」ようです。
というのは、写真と地図を見比べていて、新たなミスに気付きました。  

伐採地の一番高い所、つまり尾根の真ん中に仕事道があり、それを下りました。
伐採地4

しばらく下ると「植林された所」の上端に着き、そこにはモノレールと獣避けのネットが張られていました。 植林地の中は草だらけで道らしきものは見えませんでしたが、モノレール沿いに下れば何とかなりますし、沢を渉るにもモノレールの橋があると考えられます。
下方の伐採地の中にも道は見えますが、下端がどうなっているのか予測できませんのでモノレール沿いを下りました。
モノレールとネット

足元は草に覆われていて何も見えないので、かなり慎重に足を運びました。このモノレールの下端はネットのところで始点となり、その下に別ルートのモノレールがシナノキ沢と平行につけられていました。 上流側へ辿ると沢を渡って北隣の尾根に続いていました。沢を渡るところの下には滝が二つあり、上側の滝は攀れそうには見えませんでした。
そして、その終点は確認することなく下ることにしました。
すると案の定「沢」に下り着き、そこには丸太橋が掛かっていました。
場所を特定しようと出した地図(1/25000をコピーした)は、シャワークライムした時に濡れてしまい全く読める状態ではありませんでした。(いつもならビニール袋に入れておくのですが、その袋も忘れていました) 
シナノキ沢と丸太橋

モノレール橋上流  丸太橋から見た上流方向

ここからもう一度遡行することにしました。
ほんの僅かで二俣に着きました。 この時点では「この二俣」が何処なのか不明で、右が本流と思い込んでいました。 
本流二俣

写真を見れば明らかに左の方が「水量が多い」のですが、この時はそれも考えられず、右俣へ入りました。
N F1  F1 4m

N F2・F3  F2と奥にF3 どちらも3mほど

滝を三つ越えたところで右から二段の滝(5m)が!
これが「盗人道沢」だと思い込みました。 この写真では判り難いのですが、倒木の上、奥に見える滝のうえに「モノレールの橋」があったのです。 写真を整理している時に見つけました。 
出合滝 2

N F4  F4 ナメ6m

N F5  F5 多段8m

N F6  F6 3mと奥にF7 4m
ここに着いたとき、ひと雨きそうな空模様になったので、ここから登った滝をクライムダウンしながら下りました。
モノレールと丸太橋まで戻り、モノレール沿いに植林地を登りました。
林道に出たところは、下写真の左側、林道が木の中に隠れるところの左側でした。
林道
 
林道のカーブした所は、先ほど下ってきた尾根の伐木を降ろすところ、集材地になっていました。 そこから見えた景色が下二枚の写真です。
間違えた沢  間違えて登った沢と、下ってきた尾根。
 
盗人と二王 上写真の左(北)側 左の丸いピークが二王山
ここに刻まれている沢が、再遡行した沢。

“勘違い”というのは、最初に「盗人道沢」だと思った沢は、上写真に見える右斜上する樹林帯の中にある枝沢であること。
本流だと思って途中まで登った沢こそが「盗人道沢」だということです。
言い訳になりますが「事前の地図読みの不足」と、遡行対象から外れた沢なので「正確な情報」が無かったこと。 そして釣り仲間の情報を鵜呑みにした私の思い込み。 以上がミスの原因だと思っています。

沢への最短下降点、ある程度の沢の状況が判りましたから、改めて「盗人道沢」と「奥の沢」の捜索を考えたいと思っています。

18:49 | 沢登り | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

二王山 シナノキ沢

捜索したい沢を間違えたのですが、その沢の写真をUPします。

奥仙俣集落の中にある橋詰橋を渡った所から、「二王山」の道標に従い右に入ります。
橋詰橋  クリックすると大きくなります
山裾をまわりこむと丸太橋に出ます。 二王山へは橋を渡って尾根に取り付きます。
丸太橋

入渓地はこんなヤブ沢ですが、少し行くと多少広がります。 
丸太橋2

ここが問題の左岸から流入する枝沢のF1・5mです。
出合滝 1

しばらく登ると右岸に「ワサビ田」跡が。ここまで来る「仕事道」があるはずですが、確認できませでした。
ワサビ田跡

F2  F2 2+5m

F3  F3 5m

F4  F4 5m 奥にF5 4mが見えます

F6  F6 二条5m。 左側をシャワークライム

F7・8  F7 8mは左壁から登り、F8 5mは右から
ここで滝は終わりました。 どの滝も岩が脆く、ホールドが抜け落ちることもありました。
F2からF8まで両岸とも傾斜が強く、ケモノが歩いた跡もありませんでした。
そして800mで二俣に 
800m二俣

右俣には2mほどの滝がありましたが、飛び降りられる状態でした。その奥は明るくなっていたので滝は無いと思われます。
右俣

水量の多い左俣を登りました。
左俣

しかし、まもなく水が涸れてしまいました。 ここで「こんなに早く、水が涸れるわけが無い」と、頭に??マークが浮かびました。 この時点では間違えたという自覚が無く、まだ先が長いのに「なぜ」ということでした。
水涸れ直前

周りを見ると右岸上方が明るく開けている感じに見えたので、かなりの急斜面を木に摑まりながら登ると伐採地につきました。
伐採地  足元が安定したところで、この一枚を。

北を見ると奥に「二王山」が
伐採地2

南側に「二王峠」への尾根がま近に見え、やっと自分のいる場所が判明しました。
伐採地3

この伐採地の中に仕事道があったので、これを下ることにしました。

二王山から二王峠に下るさい、稜線からこの尾根に入るには植林の若木が密生しているので、まず入れないと思います。 が、遭難者は何をするのか判りません。 結果的に何の痕跡も見つけられなかったのですが、この尾根周辺には「いなかった」と結論付けられると…。
18:39 | 沢登り | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

成果なし

今日の捜索でも、何の成果もありませんでした。

しかも、沢を一本間違えてしまいました (-_-;)
シナノキ沢  クリックすると大きくなります 
地形図左下の二俣から入渓し、シナノキ沢を遡行。 やがて二俣に到着。
右から「二段の滝で出合う」ということが「頭にあった」ので、迷わず右の沢に入ってしまいました。
出合滝 1
間違えた沢
出合滝 2
目的だった「盗人道沢」  二枚の写真をご覧いただくと、何となく似ているように思えませんか?

しかも、どちらも800m付近に二俣があります。ただ登った沢では、二俣を左に入るとまもなく水が涸れてしまったのです。
そこで初めて「おかしい」と気付きました。
出合で「地形図」で確認すれば良かったのですが、とんでもないミスでした。

詳細は後日に。
22:37 | 遭難・事故 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

二王山遭難 その後Ⅵ

二王山でS氏が行方不明になってから、半年が経とうとしています。
4月8日の捜索以降、気になりながら今まで何もできませんでした。

明日は天気も良さそうだし、ここ数日の雨量も大したことは無かったので、延び延びになっていた二王山南西の沢に行くことにしました。
ただ今回は私が単独で行うものなので、どの程度のことができるかいささか不安もあります。

下地図の左を流れるシナノキ沢を二俣へ。そして右の二王山山頂に向かう盗人道沢、左の奥ノ沢を遡行する予定です。
シナノキ沢

4月以降何回か大雨があり、特に5月25日には100mmを越える雨量がありました。 なので、もしこの付近で遭難されたのなら何らかの持ち物などが流され、その痕跡を見つけることができればと考えています。
中間尾根(仕事道があり、何とか下山できるはず)も時間が許せば歩いてみる予定です。
19:30 | 遭難・事故 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

コスプレ? 

k 1
 
k 2

お相撲さん&金太郎さん、先月撮った写真です。
もうすぐ7ヶ月になるK君。 イタズラ小僧になる確率100%かな?!
つたい歩きも早くなったし、新聞は食べる!!し、破るし、チョット目を離せばイタズラしてるし、でもジジには可愛いんですヨ!

風邪気味なので今日病院に行ったところ、名前を呼ばれたら手を上げたとのこと。 なので私がフルネームで呼んだところ、しっかり両手を上げました。 
ちゃんと覚えたことなのか、ただの反射なのか??ですが、ますます可愛くなちゃうんです。 

ジジ馬鹿、丸出しですね。(ババもですが)
18:04 | | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑

E138.13.36  N34.35.42

御前崎1

ヤシの並木です。  キョウチクトウの花が咲いていました。

御前崎2

上の写真の道を通って、下写真の場所へ行ってきました。 

御前崎3
 
皆さん、何処かお判りになりますか?
続きを読む
12:00 | 今日は | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

アジサイ Ⅱ 続き

ネタ無しなので、昨日撮ってきたアジサイのアップをアップします。
「ゲップ!」 え? 「もうタクサン!」 そうですか (-_-;)

まーまー、チョコッとご覧下さい。
アジサイの七変化です。  写真はいつも通り、クリックすると大きくなります。
あじさい1

あじさい2
 
あじさい3

あじさい4

あじさい5

あじさい6

あじさい7

あじさい8

あじさい9

あじさい10

あじさい11

あじさい12

あじさい13
 
あじさい14

あじさい15

あじさい16

あじさい17

ご覧頂きありがとうございます。 あまり見かけないものも幾つかありました。
18:01 | 今日は | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

アジサイ Ⅱ

山遊びに出掛けるつもりだったのですが、早朝目覚めればかなり強めの雨。 ゴロゴロと鳴っていた雷さんも9時過ぎに通り過ぎたので、牧之原市の秋葉公園へアジサイを見に行ってきました。

海水浴やサーフィンで有名な海岸から少し入った所で、秋葉神社の参道に咲いています。

 アジサイ1

アジサイ2

アジサイ3

アジサイ4

アジサイ5

アジサイ6

アジサイ7

アジサイ8

アジサイ9

アジサイ10

ほぼ満開でした。
あまり知られていないため、見物客はそれほど多くはありませんでした。 
18:08 | 今日は | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

アジサイ

近所の公園で、紫陽花が咲いていました。
そろそろ梅雨入りなんですよネ。

アジサイ1

アジサイ2

アジサイ3


おまけに夾竹桃も咲き始めていました。

キョウチクトウ1

キョウチクトウ2

キョウチクトウの枝に肉を刺してBBQを楽しんだ何人かが亡くなったという事件が、何年か前にフランスでありました。 毒性の強い植物なので、ご用心!
16:37 | 今日は | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

イトコ

昨日、父方のイトコ会がありました。

従兄弟(12名)だけでなく、親、子、孫の4世代、年代も米寿を迎える叔父から0歳児まで43人が集まりました。
中心となったイトコも、上は定年過ぎの62歳から下は働き盛りの32歳まで年齢差があります。
生活の場も離れていますから、いつも会っているわけではありませんが、そこは血の繋がりかイトコ間では全く違和感はありませんでした。 しかし、その子供(ハトコ)達になると、あまり面識がないせいか打ち解けたというようには行かなかったようです。

次はいつ開けるかわかりませんが、集まる人数の増減もチョット気になる会でした。
従兄弟会

20:42 | 今日は | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

失くした

今朝、非常に大事なものが失くなっているのに気付いた。 
おかげで、一日中頭の痛い思いをしている。

何を失くしたかというと、携帯電話。

仕事に出かける時に、無いのに気付いた。固定電話から携帯にかけてみたら「電源が入っていないか、電波の届かない…」と、音声案内。
昨夜というより、時計の針が12から大分回って帰宅し、すぐに寝てしまった。なので「何処かに置き忘れた」と思ったのだが、電源を切ることも無いし、電波の届かない所まで移動した覚えも無い。11時頃に使った記憶があるので、その後どうしたのかが…?!
とりあえず携帯が使用できないよう「処置」はした。
携帯が車に轢かれたり、昨夜の雨で水溜りに落ち、壊れて使えなくなっていれば安心なのだが。

何より頭が痛いのは、携帯電話は買いなおせば良いのだが、中に入っていた電話番号やメールアドレスが全て失くなってしまったことだ。
簡単に調べなおすことが可能なものもあるが、そうでないものも多かった。件数にして約300件、データ数は少なくともその倍以上はあったと思う。

あー、どうしよう
18:38 | 今日は | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑