畑薙情報 追加

畑薙情報をUPしたあと市のHPを見たところ、昨日から仮設歩道の工事が始まったとの情報がありました。

写真はこちらに静岡市建設局

仮設歩道は、道路面から1mほど上を通るものに決定したようです。
これで臨時駐車場とリムジンバス乗り場間は、10分ほど歩けば何とかなりそうです。
  
スポンサーサイト
18:05 | 今日は | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

畑薙情報

私の所属会の情報担当が29日に再び崩落現場に行き、新たな写真と情報を入手してきました。

写真は静岡踏岳会のブログにあります。崩落地には、被害が拡大しないようスチールネットが張られ、コンクリートが吹き付けられました。 元々道路の幅の半分は橋状の部分でした。その橋部分を岩盤と繋げていた何本もの太いピアノ線がむき出しになっていて、それが切れれば写真に写っていた橋脚状のものがさらに落下しそうとのことです。

新たな情報とは、崩落現場を高巻くエスケープルートのことです。
巻き道には二ヶ所ほどロープが必要(急傾斜)らしく、歩行時間も1時間は掛かるようです。時間がかかるのは、道路の側壁が高くほぼ垂直なので、道を造る場所が限られているからです。
上記の道では昨今の中高年登山者にはハードなため、崩落した道路の2mほど上の側壁に水平な足場(150~200m)を造って、そこを通れるようにするという案もあるようです。 
いずれにしても今週中または来週頭には、歩いて通れるようにはなりそうです。
またリムジンバスは、何れかの道の畑薙側始点付近に乗降場所を設置するようです。

 

17:49 | 今日は | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

南ア・畑薙への道路崩壊 続報

畑薙ダムへの道(南アルプス公園線)の崩落現場の航空写真が静岡市建設局クリック)にありました。 

道路保全課によると 
8月上旬を目標に、歩行者用仮通路の設置作業を進めております
とのことです。
おそらく、駐車場(昨年までのリムジンバス乗り場)から畑薙ダム左岸にある通常のバス乗り場まで歩くことになると思われます。

情報が入り次第お知らせします。

18:43 | 今日は | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

山遊びに行けません

7月も終わろうとしているのに、お盆だったり、台風だったりで出かけることができません。 おまけに南アへ入る道が崩れたとあっては、もう…!
そんなことで拙いブログの更新もできません (-_-;)

そこでクイズ?です。
下写真の中央奥に見える山はどこでしょう? 
聖 1  クリックすると大きくなります

聖 2  近づくとこんな感じ
 
お判りになりますか?
続きを読む
22:46 | 今日は | comments (3) | trackbacks (0) | edit | page top↑

現場写真

静岡踏岳会のブログに、畑薙第一ダム手前の道路崩落現場の写真が三枚(7/16撮影)UPされました。

現場は通称猿やせと呼ばれている場所で、サルも避けて通るのでそう呼ばれていると聞いています。 
写真をご覧いただくと、道路がかなりの急傾斜地に付けられていたのが判ります。 基礎工事だけでも高さにして50mくらい造らねばならないでしょう。

昨日の地図でもお判りかと思いますが、迂回路となる道がありません。畑一ダム下の発電所に通じる道はありますが、そこから先は…! ダムの左岸に作業道(ダム工事中のもの)があったように記憶していますが、現在使えるか不明ですし、使えるにしてもそこへ渡る橋がありません。

まもなく対策が発表されると思います。
18:37 | 今日は | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

今夏、静岡から南アへ入山できず?

昨日、静岡市の井川で「南アルプス夏山開き」の式典がありました。
私は出席できませんでしたが、情報だけは伝えてもらいました。

それによると、畑薙ダム手前、リムジンバス乗り場の少し先で、道路が30~40m崩落したとのことです。 原因は台風4号がもたらした大雨(約400mm)によるものと思われます。 人がやっと歩けるくらい残っているようですが、いくつも亀裂が入っていて何時落ちてもおかしくない状態だそうです。

現場は、下記地図の緑色のピン付近です。

今までのリムジンバス乗り場と大駐車場は、現場南側の道路が二つに分かれる所でした。 駐車場は使えるにしても、畑薙第一ダムまでどうやって行くか、対策がとられるには時間がかかりそうです。 駐車場からダムまでかなりの急傾斜地ですので、歩ける道が造られても、かなりのアルバイトが強いられそうです。

十数年前、下流の外山沢付近でやはり道路が崩落したことがあります。その時はトンネル(現・大網トンネル)が掘られましたが、完成までに2年ほどかかり、その間川原に仮設道路が造られました。しかし、今回は仮設道路を造る場所もありません。

どんな対策がとられるか、情報が入り次第お知らせします。

  
話しはガラッと変わりますが、コチョウランの二輪目の花が咲きました。
ラン3-1
一輪目(下写真右側)より、一回り小さいです。 三輪目もまもなく咲きそうです。
ラン3-2

18:28 | 今日は | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑

コチョウラン Ⅱ

ようやく咲きました。

昨夜、家内と「蕾が大きくなったから、咲くかも…」と話していました。
起床時には昨晩と変わりなく、家内が11時頃見た時にも変化はありませんでした。
そして昼の12時10分頃私が見たら、一輪だけ開花していました。

ラン2-1

         ラン2-2
左に見える蕾も、あと3~4日で咲くのではと思います。

昨年5月の連休明けに頂いたもので、枯らしてしまわないよう水やりだけ注意し、冬の寒さ対策はあまりしませんでした。 その結果、三株あったうちの一株は水不足で枯れてしまいましたが、残った二株は目を楽しませてくれそうです。
肥料をやれば、蕾の数も増えるかもしれません。 もう少し勉強して、挑戦してみます。

今度の連休「山行を計画」しましたが、台風の影響が大きそうなので家で大人しくしている?ことに変更です。


17:27 | 今日は | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

コチョウラン

5/29に花芽が出てきたと写真を載せましたが、その後ズンズン伸びました。 ただ太陽の方向へ(日差しの強いほうへ)向いてしまうので、クネクネと曲がってしまいました。 多分、支柱を添えれば真直ぐになると思います。
ラン1

上写真の右側のUPです。 蕾が膨らみ始めました。 左側の鉢も10日遅れくらいで成長しているので、まもなく蕾が目立ってくると思います。 
ラン2


いつ頃白い花を咲かせてくれるか、楽しみです。
12:00 | 今日は | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

8→7→3

8→7→3、これは我家族の半年間の人数の推移です。

1月中旬に義母が、そして昨日娘家族が出て行きました。 残されたのは私達夫婦と息子の三人です。

こんな風に書くと、何か大きな問題があったように思われるかも知れませんね。

義母は義父が亡くなってから一人暮らしをしていました。 しかし膝の具合が悪くなり、日常の買い物に出かけることも困難になりました。 「老人ホームにでも」という言葉が義母の口から出た(おそらく私達に迷惑を掛けたくないということだと…)のですが、我家に来てもらいました。そして「膝に人口関節」という手術をし、一人で外出できるようになりました。 趣味の手芸をして過ごしていましたが、近所に知り合いがいるわけでなく、材料の買出しの時だけの外出ではストレスも溜まります。 そんな昨年秋に、同年代の人達だけが入居できるアパートが新設されることを知り、早速申し込んだのです。 運の良いことに入居できることになり、喜んで送り出すことになりました。 建物は鉄筋?二階建てで、我家より丈夫だし(噂されている東海地震にも安心!)、決まった2Fの部屋は日当りも、広さも文句なし。 EVもついているし、各戸は完全に独立しています。 義母の部屋専用のような広いテラスもあり、私が住みたくなってしまいました。 私も、そろそろそんな歳になりますが。
時々我家に元気な姿を見せに来ますし、ご近所の人達とも旨く付き合えているようです。 当然今も手芸を続けていて、近所のお店で作品を売るようになったとか…。 

集合  1月に全員で

娘家族は、ご亭主の転勤?転職?で、彼の実家に住むことになりました。 伊豆半島の根元の函南町という町です。 国道1号を走って65km、2時間ほどの距離がありますが、そんなに遠くは無いでしょう。
ただ孫二人がいなくなったら、火が消えたように静かになってしまいました。 毎日、顔を見るのが楽しみだったのですが、・・・! 
まー、俗に言う「外孫」ですから、仕方ない(問題発言かな?)ですが。
多分、写メールを沢山送ってくれると思うので、それを楽しみにして!

孫が1番・山は2番目?と云われそうなこの頃です。 なぜか大好きな沢にも行けず、非常にイラついています。 
15:49 | | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑