台風の置き土産 Ⅱ

先日の台風による倒木の情報が、新たに2件入りました。
場所は静岡の市街地から程近く、市民の誰もが登ったことのある山「龍爪山」です。

一ヶ所は龍爪山(文殊岳)南の則沢コース水場上付近。(下地図の緑のピン付近)

ここについては、写真はまだありません。 10本程度が倒れていて、道を塞いでいるとのことです。

もう一ヶ所は龍爪山南東の、高山から柏尾峠の間で数ヶ所で相当数が倒れているようです。
 

写真は続きにあります。
 

続きを読む
スポンサーサイト
17:32 | 今日は | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

お尋ねに

「釣り師」さまから「黒部沢から黒沢の源流にぬける道を知ってますか?
」とのお尋ねがありました。
ご質問は、右カラム下にある「メールフォーム」をご利用下さい。 

お尋ねの「黒沢源流」が何処を指すのかハッキリしませんので、一般的な説明をさせて頂きます。
黒沢には支流が幾つかあります。
黒部沢、つまり平野から続く道としては、林道「平野線」があります。 真富士山第3登山口北側で、林道が左に90度ほど曲がる所が黒部沢の源流部になります。
尾根を回りこんで、さらに林道を進むと「黒部沢橋」に着きます。 ここも「黒沢」の源流部のひとつですし、さらに幾つかある小さな橋は全て「黒沢源流部」に架かっています。
林道「平野線」終点に架かるアルミ橋は、黒沢本流右沢に架かっていますし、さらに山道を進めば左沢に着きます。 
いずれにしても「黒沢」の源流部は大きな滝が多いので、岩登りができる人以外立ち入りは避けて欲しい場所になります。 

林道「平野線」は終点手前1km位が、路面がえぐれていて車での通行は困難です。 その手前の最高通過地点である「大河内県営林」の看板のある所付近までなら普通車でも行けます。 ここまで第3登山口から、徒歩2時間以上は掛かるでしょう。
22:05 | 今日は | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

お中日

せっかくの連休ですが、水遊び・山歩きのどちらにも行けません。

信仰心が強いわけでは無いのですが、お彼岸(春・秋)、お盆と暮れには欠かさず墓参に。
我家の墓地は山裾にあるので、しばらく行かないと雑草、落ち葉や落枝などで目も当てられない状況になってしまいます。 しかし今日は、誰がお掃除してくれたのか綺麗になっていて、非常に助かりました。 我家の墓地は、本家を中心に30軒ほどの一族と歴代和尚の墓地だけなので、その内の誰かが片付けてくれたものだと思います。

墓石の掃除は自分達でしなければなりません。 その最中、家内ともども何ヶ所か蚊に喰われてしまいました。 残暑が厳しいので蚊も多かったのですが、いつもなら一面真っ赤になっているはずの斜面に、未だ数輪しか彼岸花が咲いていませんでした。

今年は山遊びに出掛けられる日が極端に少なくなっています。 
次に遊びに出掛けられるのは・・・? 
21:08 | 今日は | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

切りました。 (歓昌院坂)

目覚めたら、雨が降っていました。
どうしようか考えながらPCの電源をONに。
9時半頃になって雨音が小さくなったのでレーダー画面で降雨状況を確認すると、数時間は雨が降りそうもない状況になっていました。
昼食を早めに摂り、11時半頃家を出ました。

どこへ?って、先週の台風の置き土産を片付けに! 1㍑のお茶とパン、チェーンソーと燃料・オイルを持って出かけました。
2-1
作業前:登山道に入って直ぐの所。

2-1-2
作業後

続きを読む
21:19 | 尾根 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

置き土産

台風一過の今日昼前、市スポーツ振興課から電話が入りました。
この課は安倍川流域の山々の登山を管轄する部署です。 因みに南アルプスは観光化の管轄です。
電話の内容は「歓昌院坂(かんしょういんざか)で、台風による倒木がすごい」「市岳連で対応できるか、調べてもらえませんか?」というものでした。
「明日あたりからパトロールを始める会もあるし、気をつけるよう伝えましょう」と返事。

静岡市では、安倍川流域の山々の登山・ハイキングコースを紹介する「みどりの道」という小冊子をだしていて、「歓昌院坂」はその内の一つなのです。 そこに書かれているコースのパトロールや、整備を市岳連が担当しているのです。 遭難などが起こればその対応も…。
歓昌院坂は古い峠道で、江戸時代以前の東海道として使われていたものです。


仕事を30分ほど早く終わらせ、現地に行って見ました。 山道に入る早々倒木が!
歓昌院坂1

続きを読む
21:19 | 尾根 | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑

おみやげ

昨日は家の用事で「お山」へは行けませんでした。

で 下の写真ですが、先週行った黒沢で頂いた「お土産」です。

虫 2
1週間経ったので腫れもひき、見られる状態になりました。

当初は下写真のようでした。 いつものようにクリックすると大きくなりますが、拡大しない方が…! 
虫 1
左手首上ですが「何でこうなったのか」と言うと、毒を持った蛾もしくはその幼虫(毛虫)に接触したのです。 
〔幼虫にはえている毛(成虫のお腹にも)は「毒針毛」といい、こすると皮膚に食い込むので、洗い流すか粘着テープを押し付けて毛を抜くことが大事だそうです〕 
どこで触ったのか判りませんが、多分F19の高巻き中ではないかと思います。
自分の安全を確保するのに精一杯で、その他のことには気付きませんでした。
車に戻った時には、すでに赤味を帯びていました。
遡行中も下山時も「手袋」をしていたので「手」のほうは大丈夫でした。 が、長袖シャツを下山時に「腕まくり」したので、上腕にも多少ブツブツ(発疹?)ができました。 そしてそのシャツを脱ぐときに触ったらしい、わき腹にも…。 モーレツな痒みを伴います。

先週の月曜に皮膚科に行き、飲み薬と塗り薬をいただき、1週間で何とか…。

笹や木の葉が身体に触れそうな所では、くれぐれも気を付けてください。 暑いからといって、半袖では被害が大きくなりますよ! 手袋も軍手では避けられず、皮製などをお勧めします。

そして同行したNちゃんは、ヒルに喰われ(三ヶ所)ましたが、ラッキーにも殆んど吸血されていませんでした。


17:59 | 今日は | comments (3) | trackbacks (0) | edit | page top↑