龍爪山 (りゅうそうざん)

静岡市民の大半が一度は登る山、それが龍爪山です。
なぜかと云えば、中学や高校の遠足などで登るからです。



龍爪山

龍爪山は二つのピークからなり、北側(上写真の右側)が薬師(やくし)岳1051m、南側が文殊(もんじゅ)岳1041mです。
写真中央の鞍部に穂積神社があります。 昨日はそこでアンケート調査を行いました。

穂積神社

この穂積神社までは、車で行くことができます。

そして山頂へは、神社裏から登り始めます。
続きを読む
スポンサーサイト
18:33 | 尾根 | comments (3) | trackbacks (0) | edit | page top↑

アンケート調査

今朝 8時45分の富士山です。
龍爪山穂積神社へ向かう途中の「富士見台」で撮りました。

10.28

続きを読む
17:07 | 尾根 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ある記事

今日の静岡新聞夕刊一面に、こんな記事が掲載されました。

静岡・山梨県境に位置する山伏(やんぶし・2014m)で大量の樹木が人為的に枯らされたり、倒されていることが静岡森林管理所などの調査でわかった。
被害を受けたのは国・静岡市・山梨県有林の113本で、内35本が倒されていた。
被害届を受けた静岡中央署・山梨県南部署が捜査にのり出した。


私も関わりのあることなので、少し書かせていただきます。
この記事では「5年ほどかけて」と書かれていますが、十数年前にも直径10~15cmの木が、4・5本伐られていたことがあります。
その時に私は静岡営林署(現・静岡森林監督署)に被害状況を知らせ、同時に静岡新聞に投稿したことがあります。
営林署からは「木の価格が安く、告発してもその経費の方が高くついてしまうので…」と、マー泣き寝入りの感じでした。
その木々は、尾根筋から一段下がった所に生えていました。そしてその木々が無くなったことにより、「笹原の上に安倍峠と富士山」という写真が撮れる場所になったのです。
ちょうど世の中で「富士山の写真」のコンテストなどが話題になり始めた頃のことで、安倍東山稜の山々でも富士山方向の木が伐られているのを何ヶ所か見つけました。
そこで「写真のために木を伐るとはとんでもない」という論調で投稿したのです。

こんなに大規模に何のために伐ったのか判りませんが、許されることではありません。
もし、富士山 私の一枚などのコンテストに応募するためだとしたら・・・。

この記事を書いたT記者から情報を得たのは9月下旬のことだったと思います。
直ぐにでも現場を見たいと思いながら、何もできずに今日に至ってしまいました。 
この件について何らかの情報をお持ちの方がおられましたら、関係機関にお知らせ下さるようお願い致します。

写真は「あるがままの中で、良いアングルを探して撮るのが一番」だと、思っています。
21:27 | 今日は | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

秋を感じた

アザミ2

先日パトロールした日影沢の川原で、満開のアザミを見ました。
続きを読む
17:53 | 尾根 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

21日の日曜、捜索?

日曜の昼から、下写真のようなところを歩いてきました。
椎の木A  クリックすると大きくなります
続きを読む
17:38 | 尾根 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

パトロールと

今日の富士山です。

07.10.21 富士山  クリックすると大きくなります
10:35 安倍峠にて。 
九合目付近まで、薄っすらと冠雪しています。 
続きを読む
18:22 | 尾根 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

明日は

明日の日曜、所属会の仲間は富士山宝永火口下にある「双子山」「幕岩」方面にハイキングに出かける。

私はと云うと「日影沢金山跡遊歩道」のパトロールに。
ここはパトロールに行くたびに1~2本の倒木があるので、今回も多分…。 できれば、安倍峠の水質検査もやりたいと思っています。

そしてつい先ほど、二王山で行方不明になっているS氏の弟さんから電話があり、明日の捜索予定を伺いました。 
そこで私も彼らの捜索域の下側を歩いてみることに急遽決めました。
9月の台風のとき、梅ヶ島で500mm程の雨量が観測されました。少し下流の二王山付近でも、多分同じくらい降ったものと思います。
明日は何か流されていないか、それを求めて歩くことにしました。

やることの多い日曜になりそうです。
20:41 | 今日は | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

転んだ

孫のK君が、1歳の誕生日をまもなく迎えます。
少し早いのですが、一升餅を背負わせました。

k 1

ミカンを口に含ませ、騙しながら、風呂敷で包んだ餅を背中に。

k 2


本人にとってはかなり重かったのでしょう、なきながら僅かに歩き

k 3


見事に尻餅を!

お姉ちゃんは満1歳で歩かず背負っていないので、「やってみる?」とむけましたが、全くダメでした。
17:38 | | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ジージは疎外

家内から孫の写メが着ていると、しかも8月に。
一月半も私には・・・! 家にいる時間が少ないと、情報も少なくなってしまうようです。

お姉ちゃんの顔つきも変わりましたが、下のK君は10ヶ月で歩いたとのこと。
a

b
初めて靴を履いたときのものだそうです。 最初は怪訝な顔をしていたようですが、じきにトコトコ歩き始めたそうです。

暫らく会っていないので、二人の顔を見たくなりました。
17:35 | | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

パト中止

今日はパトロールに出かけるつもりでしたが、雨で中止。
雨具、ゴム長を用意していたのですが、現地では10mm前後の雨量を観測したので行かなくて良かったと・・・。

下の写真は、昨日のものです。 
市街地 2
「羽衣の松」で有名な三保半島と折戸湾。 遠くに伊豆半島も肉眼では見えたのですが。
市街地 1
こちらは静岡市の中心部。 市街地の中に小さな山が、島のように浮かんでいます。

急斜面に造られた茶畑では、冬支度が始まっていました。
茶畑 1 茶畑 2
防寒のため、稲藁を畝の間に敷き詰める作業です。

この写真を撮った後にカモシカが一頭現れましたが、カメラを向けるまもなく隠れてしまいました。 作業をしていた農家の方によると、カモシカ、イノシシなどの被害が増えているそうです。
続きを読む
19:16 | 今日は | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

倒木処理

今日は「高山」南側の、倒木処理に行ってきました。

t 3
 
t 4
 
続きを読む
18:34 | 今日は | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

置き土産 (大谷崩)

今日パトロールに出かけた静岡EXPクラブから、また新たな情報が入りました。

安倍奥・大谷崩で、幾つもの土石流が発生していたようです。 これも台風の置き土産と云って良いでしょう。

先月の台風時、梅ヶ島の雨量が500mmを越えていました。 土石流の発生を危惧していましたが、予想通りの結果になってしまったようです。
参考資料:大谷崩の土石流について('06.7.7記)

① 林道終点付近:七段沢コル付近から大量の土砂が押し出し、登山道入口周辺の形状が大幅に変わっているようです。 (昨年の地図で右下の長い矢印付近)
② 一の沢~扇の要間:ここも土石流により登山道の流失などにより、不明瞭になっています。
③ 最後の水場(1470m付近)が土砂により埋没してしまいました。 
以上が変化の概要です。

報告書が提出されたら詳細をお知らせできると思いますし、近日中に多少の整備もされると思います。
21:18 | 今日は | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

平年より5日遅く

今日の午前、富士山の初冠雪が観測されたそうです。
平年より5日遅く、昨年より1日早いそうです。

早朝雨が降ったらしいのですが気付きませんでしたし、下界の気温の高さに惑わされて「初冠雪の時期」ということを忘れていました。
昨年は自分の目で確認できたのですが、今年は雲が多くて見れませんでした。


7日にパトロール、8日に倒木処理と考えていたのですが、天気予報を見て順番を変えることにしました。 雨の中での倒木処理は危険ですから。
あー、倒木処理は高山~柏尾峠間です。 龍爪山則沢の倒木は市有林だったので、私達はタッチしません。
パトロールはいつも通り「日影沢金山」で、ここにも倒木がありそうです。
19:18 | 今日は | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

台風の置き土産 Ⅲ (則沢コースの倒木)

先日記しました「龍爪山則沢コース」のパトロール報告が入りました。
下の写真を見る限り、通行にはかなり支障がありそうです。

報告書には倒木の太さまでは書かれていませんでしたが、太いもので30cm位ありそうです。 4枚目に人が写っていますから、ある程度大きさが判ります。
倒木が入り組んでいますから、伐るには少々時間がかかりそう(頭も使いそう)です。

s1

s2  クリックすると大きくなります

s3

s4

写真提供:清水山岳会
 
市からのメールで『「則沢コース」に関して、所有者が判明しない場合には私達(市岳連)で処理。 また「高山~柏尾峠」間は広範囲にあるので、所有者を確認するのに時間がかかりそう。 よって登山者のことを考えると、早急に最低限の処理をお願いしたい』とのことでした。
これで今週末の連休は、「自分自身の山行」ができなくなるようです。
18:30 | 今日は | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

南ア登山口 畑薙へ通行可能に

去る7月中旬に道路が崩落し通行止めになっていた、静岡市側南アルプス登山口の畑薙への道路が昨日から通行可能になりました。

幅4m・長さ50mの仮橋が設置され、車両の片側交互通行が可能になりました。
まだ仮復旧の段階で、完全復旧は来年になります。
その工事中には、時間帯通行規制もあるようです。 規制の情報は下記「道路保全課」に確認して下さい。
先に完成している「歩行者用通路」は、常時通行可能です。 

道路保全課(写真)へ
12:42 | 今日は | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑

倒木の位置

高山~柏尾峠間の倒木ある場所が判りました。

下地図の朱線の所です。 中央の朱線の長いところが一番被害の酷い所になります。
地図  クリックすると大きくなります

跨いだり、潜ったり、迂回したりで何とか通行できるようです。
12:51 | 今日は | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑