昨日は

昨日、2ヶ月ぶりに孫の顔を見に行ってきました。


08.3.30 m

08.3.30 m2

08.3.30 k

08.3.30 k2

二人とも良くしゃべるようになりました。
この二人(2歳半と1歳半)が、明後日(4/2)から保育園に通うことに!
二人とも人見知りはしませんが、果たしてどんなことになるやら?
この孫達の親である娘と息子も、2歳・1歳になる前から保育園に通わせました。
保育料はかかりますが近所に子供が居ないことを考えると、同じ年頃の子たちと一緒に遊べるようになれば、それが一番かと思います。

私が育った頃には、近所に幾らでも子供がいたのですが! (所謂、団塊の世代です)
スポンサーサイト
22:17 | | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑

さくら満開

きのう静岡のサクラが、東京などと一緒に満開と発表されました。

08.3.30 7

今朝、駿府城跡外堀のサクラを撮ってみました。 あいにくの曇り空で光量がたりず、パッとしませんが、マーご覧下さい。

続きを読む
19:52 | 今日は | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

屋久島 そのⅡ

今月7日から踏岳会の仲間達が、屋久島の宮之浦岳へ行ってきました。
その時の写真何枚かが届きましたので紹介します。

写真は全てクリックすると大きくなります。
屋久杉  云わずと知れた、縄文杉です

千尋滝  こちらも有名な、千尋の滝



続きを読む
19:19 | 今日は | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

俵峰

俵峰  クリックすると大きくなります
上の写真は茶畑に囲まれている俵峰の集落です。
4月下旬になると新茶の摘み取りが始まります。

なぜ読図山行を3月に行うかというと、①静岡県内の低山にはお茶畑が広がり、4月になると農作業が忙しくなります。 そうなると私達の車を置く場所も無くなるので、農家の方々の迷惑にならないよう農閑期に。 ②落葉樹の新芽が出る前で、視界が利くこと。 ③日照時間が長くなり、時間に余裕を持てることなどでしょうか。 そして、たまにはワラビなど山菜が採れることも理由の一つになるかもしれません。

続きを読む
18:20 | アニマル・自然 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

富士見岳

23日は市内俵峰の周りの山で、地図読みの勉強をしてきました。

 

08.3.23 tizu  画像はクリックすると大きくなります


殆んど展望の無いところで時々見られる景色も「春霞」でボンヤリとしか見えませんでした。

続きを読む
18:38 | 尾根 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

あいにくの天気でしたが

ここは静岡 浅間神社です。

        楼門  楼門

大拝殿大拝殿


続きを読む
21:54 | 今日は | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

春の彼岸

今日の予定は家族揃って、春の彼岸の墓参りに行くことになっていました。
山遊びに出掛けない時は目覚めてからTVを見、そして新聞を開くのが習慣で、ページをめくっていくと下の記事が!
kiji

なんと、我家の菩提寺のことがカラー写真付きで紹介されていました。

山裾の静かな所にある、曹洞宗 宝珠山十輪寺といいます。
 

木喰上人作の木仏があることで知られていますが、新聞記事になったのは初めてのことです。

        08.3.16 9  08.3.16 8  


続きを読む
17:29 | 今日は | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑

明日から

このブログをはじめてから二年が経ち、明日から三年目になるのを機会に顔を公開することにしました。

          me  ついでに私は、片山といいます。
透明のヘルメットを被っているのでよく光っていますが、本番では用心にもう一つ被ることにしています。
この写真は、山仲間である浜松在住のSS氏が撮ってくれたものです。

静岡市山岳連盟から、安倍川流域の山々の登山道の整備・パトロールを仰せつかっています。 市岳連加盟各会の皆さんも事故が起きないよう努力していますが、それでも毎年のように遭難事故が起きています。 拙ブログで遭難の記事を載せたところ、非常に多くのアクセスがありました。 そんなことから「責任ある記事を」と考え、名字と顔を公開することにしました。

昨晩あった常任理事会で「静岡市山岳連盟」のHPを始めることになりました。
なぜか私が造ることになり、肩におもりが乗ったようになりました。 いつ出来上がるか申し上げられませんが、楽しみにしていて下さい。
「こんな情報を・・・」というようなことがありましたら、メールフォームなどからご意見をお寄せ下さい。お待ちしています。 

21:19 | あいさつ | comments (5) | trackbacks (0) | edit | page top↑

宮ノ浦岳

今日の昼前に、携帯が鳴りました。
幸いなことに事故ではなく、「宮ノ浦岳から下山中です」との内容。
所属会の仲間二人+二人の4名が屋久島の宮ノ浦岳へ遠征していて、その登頂報告でした。
天候は最悪(屋久島では普通?)の雨、積雪はトレースを外すと腰までもぐり、ほかは膝丈との事。
彼らは明後日に静岡に戻る予定なので、くわしい報告はその後になると思います。

ところで、先週3月1日に行われた救助隊によるS氏の捜索ですが、遺品を幾つか見つけたようですが肝心の「ご遺骨」は見つけられなかったとのことです。 N君によると、現場のザレ下部は重機で掘らなければならないほど、土砂が堆積している。 衣類の発見現場周辺でも見つからなかった。 とのことで、捜索は打ち切りとなるようです。

私は何を?というと、雑用の山を片付けています。 来週の日曜は春の彼岸前に墓参り、お中日の20日はイトコの結婚式・遅れていた我家の改装工事が始まるなど用事が続き、23日にやっと山へ出かけられそうです。

16:42 | 今日は | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

救助訓練

3月2日に安倍奥の大谷崩で、救助訓練が行われました。
参加したのは市岳連、県警救助隊、市消防警備隊で、総勢60名ほどでした。

08.3.2 1
大谷崩です。 訓練場所には膝以上の雪があり、また落石も発生するなど、本番と変わらぬ緊張感が必要でした。

続きを読む
18:04 | 尾根 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑