コマーシャル

喫茶 クウ が開店して、今日で5週目に入りました。
おかげさまで何人もの常連と呼べるお客様もできたようです。
 
08.5ku 2
ちょっと変わった形のコーヒーミルでしょ!
レジと共に店のシンボルです。




続きを読む
スポンサーサイト
21:11 | 喫茶 Ku | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

18日に見た・・・

  初めて(二度目かな?)見ました! 
08.5.18 16
大谷崩れの堰堤上に生えたコケの上に、三ヶ所ほどに分かれてありました。
こんな場所に足を運ぶ人は滅多にいないと思います。 だから見られたのですが!
カモシカさんが暑くなったので脱ぎ捨てた冬毛です。 おそらくコケに身体をこすり付けて置いていったのだと・・・。 
これを書きながら思い出したのですが、10年ほど前にとある沢を登り、猛烈なヤブ漕ぎになる手前で同じような物を見たことがありました。


続きを読む
19:07 | アニマル・自然 | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑

花も遅い

18日に見たお花です。

白ヤシオ(五葉ツツジ)が満開でした。

08.5.18 6
八紘嶺への途中「富士見台」手前にある木ですが、毎年この時期に満開になる木は未だ蕾のままでした。

続きを読む
17:00 | 尾根 | comments (3) | trackbacks (0) | edit | page top↑

パトロール

昨日、久し振りに山遊びに行けました。
遊びと云っても毎年3回ある定時パトロールの1回目なので、それなりの仕事はしてきました。

静岡踏岳会のメンバー6人と、会の様子を知りたい(山行体験)というSさん(女性)も一緒でした。 5名と2名の二つに分け私はM浦会長と安倍峠へ、他の5名は八紘嶺から大谷嶺への縦走です。

下の二枚は、新緑に包まれた「安倍峠」付近です。
08.5.18 1

      08.5.18 2

      08.5.18 4   08.5.18 5
サカサ川沿いの道を塞ぐ倒木(昨年から)を一本伐りました。 この倒木前後を渡渉すれば通行できるのですが、やはり本来の道を通ってもらうことにしました。

そして縦走チームを迎えに大谷崩れへ車で移動。
08.5.18 3
 
稜線付近は一日中ガスの中! 展望もなく、気温も12℃前後で寒かったとのこと。 また、大谷嶺東側には残雪もあったよし。

毎年同じ頃にパトロールしていますが冬から春にかけての多雪と4月以降の低温状態の影響か、植物の芽吹きが1週間ほど遅いようです。  毎年パトロールのお駄賃として山菜の女王?「コシアブラ」をいただいてきますが、今年は新芽が小さく「採るのが可哀そう」と感じました。 が、大きめなのをしっかり頂いて帰りました。


GW中に遭難騒ぎを起こしたH君から先週、電話がありました。
改めて彼に聞いたところ「同行のH氏がヤブなどで遅れ、坊主尾根で予想以上に時間をとってしまった」。 下山ルートは常任の時に聞いた話しと違い、「西仙人谷を下った」とのこと。 ここはツルツルの氷だったので「ずっとザイル」を使ったので時間がかかり、下部では「予想以上に雪がなく」渡渉の繰り返しで時間がかかったとのことでした。
まー何はともあれ、無事下山(多くの方々にご迷惑をお掛けしましたが!)したことで良しとしたいと・・・。
17:42 | 尾根 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

久し振りに

まず先週記したH君達の遭難騒ぎですが、私が予想したのと反対で「雪は思いのほか少なかった」のだそうです。 その代わりに坊主尾根は「ブッシュが酷くて」、時間がかかってしまったようです。 そして小窓尾根を下降したのですが、こちらはトレースもあり、そんなに苦労しなかったようです。 なお救助へりとあったのは、馬場島への「林道を歩いていた時」だそうです。 以上が概要です。

そして日曜の私は、またまた家の中でPCの前に座っていました。
従姉(さる大学の介護関係の教授)に頼まれ、A4サイズで8頁の文書作成におわれていました。
朝9時から夜10時過ぎまで食事などを除き、ずっとキーボードを・・・。 普段使わない言葉や漢字が多く、久々に肩が凝りました!

今晩は静岡踏岳会の定時総会があります。 
仕事の都合などで「全員」は集まらないと思います。←社会人山岳会の宿命かな?

そうそう、家を改造する時に荷物を片付けたところ、昔懐かしい写真が見つかりました。
お暇な方、覗いて・・・。
続きを読む
17:55 | 思い出 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

無事で良かった!

今朝、地元紙静岡新聞を開いてビックリ!
山仲間のS山岳会の「H君達二人が予定日を過ぎても下山しないため、富山県警に捜索願い」という記事が目に飛び込んできたからです。
二人は欅平から3日に入山し、7日までに馬場島へ下山予定でした。 細かなルートは忘れましたが、坊主尾根から仙人山-池平山を経て小窓尾根か赤谷尾根を下る予定だったと・・・。
H君とは市岳連の総会の時に会い、そんな話しをしているのを聞いていました。

H君は山歴も20年以上あり、技術も馬力もあるので、めちゃくちゃ心配という感じにはなりませんでした。
現地の事はわかりませんが5日の悪天の影響と、雪が予想以上に多かったのが原因で下山が遅れているのだと思いました。

9時20分過ぎに静岡新聞のT君から電話があり、「富山県警のへりが発見したが、二人は自力で下山中のようです」と報告されました。
大して心配していなかったといっても、無事の報を聞くと嬉しいものです。

今晩常任理事会があるので、もう少し詳しい話が聞けると思います。
18:02 | 遭難・事故 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

GW

お出かけになられた皆々様、お疲れ様でした!

私ですか? 2月の段階での計画では、気楽な単独での駒千(甲斐駒・千丈)の予定でした。
4月に入ってから雲行きが怪しくなり、20日過ぎの段階で一泊二日(6日は出勤!と決まり)で行ける①黒戸尾根②千枚・悪沢③昨年と同じ茶臼・上河内が候補に。 27日の踏岳会の岩トレの時に、2日夜から奥穂へというお誘いもありました。
しかし2日の日に数件の得意先に納品できず、3日午前中に納品という非常事態となり、奥穂行きはキャンセル。
それでも3日夜から②か③なら何とか行けると考えながら家に戻ると、家内から開店した「店」の手直しを頼まれてしまいました。 マー頂いたお花が沢山あるうちは良かったのですが、開店から1週間もすればそれも減ってきます。 店先が何となく寂しくなり、お客様からも色々アドバイスなどを頂き、手を入れることになりました。
そんなことで3日の閉店後から4日夜にかけて家内の店で一仕事となりました。 全ての仕事が終わったのは、つい先ほどです。
ア~~、ついつい山遊びができなかった愚痴になってしまいました (-_-;)

しかし行けなくて良かったのかも知れません。 と言うのは、南アの玄関・畑薙ダムの100mほど手前で、5日の昼頃土砂崩れが発生したのです。 山に入っていれば5日には帰宅できなかったことになります。 (迂回路が無い場所なので、約70名が椹島ロッジや車中で夜を明かし、今日になって徒歩で下山。 道路の開通は早くとも明日以降との情報です) 誰かに電話して「迎えに来い!!」と言えば何とかなったでしょうが。
家内からは「お父さん、出かけなくて良かったね!」と・・・。

話しは変わりますが、この連休後半に安倍奥で2件の遭難事故が発生しました。
3日に八紘嶺で女性の転落事故があり、県の防災へりで救助されました。
4日には十枚山に登った男性が道に迷い、5日昼頃捜索中の救助隊(警察救助隊と地元消防団計20名が捜索に出動)と合流。 こちらは怪我もなく無事下山しました。
事故は些細なことから発生します。 くれぐれもご注意下さい。 

もう一つ大事なことを忘れていました。
毎年4月中旬にタラの芽を採りに行くのですが、家内の店の準備を手伝っていて採りに行くのを忘れていました。 芽は既に葉になっているでしょう! 畑薙方面まで出かければ採れるでしょうが、今年は食べられそうにありません。 一年待つかと思うと、・・・・・・!

22:18 | 今日は | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑