寝て曜日


雨は午前2時過ぎから降り出したようです。
静岡市内では11時頃から雨脚が強まり、2時間で40mmほどの強い雨(計85mm)が降りました。

で、今日行く予定だった沢の近くでは、8時からの1時間で20mm(予定では遡行を始める頃)、昼前までに51mmの雨量でした。 前回行った時も前日に50mmほどの降雨があり、沢が増水していて1kmは続くナメを面白く遡行ができたのです。 しかし遡行中に20mm降られたら、岩場の多い所なのでどれだけ増水するか? やはり出掛けなくて正解だったように思います。
ナメ1-1 

南アを含む静岡周辺では、梅雨の頃から少雨の傾向が続いています。 所属会の仲間が南アに入った時にも、涸れた水場が何ヶ所かあったそうです。 
今日は安倍川上流の梅ヶ島温泉付近で114mm、南ア畑薙ダム下流付近で77mmの雨量を観測しました。 夏山シーズンも終盤ですが、各小屋などの水不足もこの雨で解消されるでしょう。

水遊びは、次の日曜には絶対に!!!
スポンサーサイト
21:21 | 今日は | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑

200ミリ

明日はやっと水遊びに行ける!と思ったのに、18時過ぎ発表の天気予報で雨量200mm(24時間で)と。
この予想では沢どころか尾根、いや山間部の道路を走ることさえ危なくなってしまいます。

先日も書きましたが、今夏は水にも山にも徹底的に嫌われているようです。

さて、こんな日は何をして過ごせばよいのか・・・
21:04 | 今日は | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

家内と

孫達も帰り、静かにと言うより寂しくなった我家です。

家内の店も昨日までお休み。 なので昨日は、目の保養に出掛けました。

午前中に、
08.8.17 1
続きを読む
17:47 | 今日は | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

こんな所に

行きたかった! 昨年は釜ノ沢でのんびり過ごせたのですが・・・。

08.8
 
正午の気温が35度(気象台の観測ですから、我家ではもっと高いと・・・)を超えています。

昨日・今日会社は休みなのですが、昨日は2時間ほど仕事をしなければなりませんでした。
そして今日は三人で水遊びに行く予定だったのですが、二人に用事ができてしまい中止になってしまいました。
どうも今年は山にも水にも嫌われているようです。

でも、もう直ぐ孫達がやって来ます。
二人の孫の顔を見れば、暑さもどこかに飛んで行ってくれると・・・!
13:31 | 今日は | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

南アルプス登山の皆様にお願い

南アルプスの静岡側登山口である畑薙第一ダムへ、バスでは入れません。
今年5月で畑薙行きのバスは路線が廃止されましたので、自家用車又はタクシー等でしか行くことができません。

路線が廃止された代わりに、井川地区の公共交通として「自主運行バス(定員9名)」が走っています。
先ほどその運行者から「困った!」と、電話がありました。
 
その内容は「登山者が乗車(「断ることもできなかった」とのこと)され、地元民が乗る席が無くなってしまった」  この自主運行バスは、地区住民が通院・買物等に利用することを目的にしているので、「登山のためのご利用はご遠慮願いたい」というものでした。

今までも南アルプス静岡口はアプローチが長く大変な思いで入山されたと思います。 逆に言えば、より静かな山が楽しめるようになったと云えるかも知れません。 
そんなことで多々ご迷惑をお掛けしますが、地元の山関係者として、皆様にご協力をお願い申し上げます。

18:39 | 今日は | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑

毎日 雷雨が

先週はお隣のおじさんが亡くなられたので、お遊びは中止。

今日こそ沢へ水遊びにと思っていましたが、ここ数日毎日午後になると雷雨が!
行こうと思っている沢は、早い時間に入渓しても午前中に抜けるのはほぼ不可能。 しかも単独では何かあっても対応できないので残念ながら中止に!

雷といえば各地で亡くなられた方が出ています。 昨日は富士山でも!午後は行動しない方が良いでしょう。
そして同じく昨日午後、畑薙ダム西側の信濃俣林道から一人が50m転落し死亡という事故がありました。 詳細は不明ですが、入山直後(三人で光岳から聖岳を縦走予定)に林道崩落地(ガレ)の通過中に滑落したものだと・・・。 
近くの雨量計が同時刻前後に雨量を観測していますので、重荷を背負い濡れたガレのトラバースでバランスを崩したと考えられます。
静岡市街地でも4時前に、30分で20mm以上の強い雨が降りました。
何年か前の経験ですが、遡行を終了し下山中に15分ほど猛烈な雨に降られました。 そして入渓地に戻ったところ、膝下だった水が腰丈ほどの濁流になっていたことがありました。 もし沢の中での増水だったら、一晩ビバークになっていたでしょう。

先週末の地元紙に「山岳遭難 先月14件」という記事が載りました。
富士山や南アルプスなどで14件17人で、昨年同期の4件7人を大きく上回っている。
遭難者のうち滑落や転倒した11人が重軽傷を負ったが、死者はいない。
男性9人、女性8人。十代、二十代が各一人。 四十代以上が15人とのこと。
県警・県防災へりの出動は8回。 気流の悪い富士山では原則的にへりが使えず、民間のブルドーザーを使用するため「約10万円」の費用がかかるそうです。

天気の変化や体調には充分気をつけて下さい。
16:50 | 今日は | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑