岩岳山のアカヤシオ

先日TVで大札山のアカヤシオが見頃になったと云っていました。
大札山は林道から山頂まで30分弱歩けば行けるところで、大勢の人が来ると思い、標高はほぼ同じでもタップリ時間のかかる岩岳山(いわたけやま)へ行くことにしました。

下記地図もそうですが、1/25000にも「京丸のアカヤシオ及びシロヤシオ群生地」と記されている、静岡では有名な山なのです。
 クリックすると縮尺が変えられます


とりあえず、出会った花だけUPします。

アカヤシオです。

09.4.26 h3
 
続きを読む
スポンサーサイト
09:24 | 尾根 | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑

雪が!

今日は、岩岳山へ行ってきました。

09.4.26 2

そして、なぜか消防署の車が!
09.4.26 3
続きを読む
19:57 | 尾根 | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑

総会

今日、静岡市山岳連盟の総会がありました。

まだ役から抜けられないなと思っていましたが、あと2年常任理事を続けなければならないようです。

この先には、市岳連65周年事業がいくつかあり、その内のいくつかを受け持たなければなさそうです。
と云う事は、まだまだ自分の山遊びに専念できる状態にはならないということでもあります。

いつになったら一人のんびり山遊びができるようになるのか?いつまで自分の身体が持つのか?心配にはなりますが仕事があるうちは頑張りたいと思っています。

このブログも更新できたりできなかったりしていますが、先日はアクセス数が80000を越え、一日に70件、総アクセス数が500件を越える日があったりして非常に驚いています。
本当に拙いブログですが、なんとか続けていきたいと思っています・・・。

アルコールがかなり入っていて、訳のわからないことを書いていますが、今後とも宜しく!!です。
22:54 | 今日は | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

龍爪山で見たもの

先日見た動物の痕跡です。

下写真はクマの爪痕です。
09.4.12 クマ
765m分岐で見つけました。 三つの爪痕がはっきり見えます。
続きを読む
20:42 | アニマル・自然 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

龍爪山 Ⅲ

遅くなりましたが、龍爪山からの下山です。

大勢の登山者で賑う文殊岳をあとに、薬師岳に向います。

09.4.12 13
薬師岳山頂

薬師山頂北側で穂積神社への道を分け、さらに北上して駒引峠への稜線を辿ります。 
続きを読む
21:03 | 尾根 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

龍爪山 Ⅱ

スタート地点はここ。
09.4.12 1
安倍川河川敷にある駐車可能な所で、梅ヶ島方面の山に行く時に使う踏岳会の(市岳連の皆も使っています)集合場所です。
上写真ほぼ中央のコンクリートが吹き付けられた所にある階段から登り始めました。

クリックすると縮尺を変えられます

今日は全員、1/25000の地形図と方位磁針を持っています。 私はそれプラス、地形図を2倍に拡大コピーしたものを。 高度計はM氏が持っていましたが、補助的に使っただけです。

ルートはこちら
09.4.12 ルート  クリックすると大きくなります 
 
続きを読む
17:48 | 尾根 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

龍爪山

今日の富士山です。
09.4.12 1

今日は会の仲間と龍爪山に行ってきました。
09.4.12 2
龍爪山は市内の小・中・高校に通った人なら、殆どの人が一度は登る(遠足で)山です。
一等三角点のある文殊岳と薬師岳二つを合わせて、龍爪山と呼びます。

ルートは幾つもありますが、今日は読図山行ということで道無き?尾根を1ヶ月ぶりの山歩きというメンバーばかり?で辿りました。

詳細は後日に。
21:19 | 尾根 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

抜戸岳の捜索

拙ブログリンク先の山と瓦礫と捜索犬のW氏が、昨年末の雪崩により行方不明になっているT田君の捜索(4/4-5)に出かけられ、その報告がUPされ始めました。

北アルプス抜戸岳雪崩遭難者捜索 Ⅰ
北アルプス抜戸岳雪崩遭難者捜索 Ⅱ
北アルプス抜戸岳雪崩遭難者捜索 Ⅲ 
           この件はこれからもUPされると思います。

捜索結果としては、残念ながら「発見できず」でした。
W氏とは未だ連絡をとっていませんが、捜索現場は何回かの雪崩によりかなりの積雪があることと思われます。
頼みのチャンス君も、2月から何回か降った雨や自重で氷化した雪などでかなり難しい捜索だったと思います。

こうした捜索活動が報告される例はまれなことですし、写真を見るだけでも雪崩の恐ろしさが伝わってくるようです。
18:29 | 遭難・事故 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

公開講座のお知らせ

登山をする人にとって「地図(地形図)」は、非常に大事なアイテムです。
そんな「地図」を作ってきた人達の歴史などを聞いてみませんか?

NPO法人『地域マップ研究所』の公開講座
「劔岳 点の記」に学ぶ 地図づくりのロマン
が4月29日(昭和の日)に開かれます。(入場無料)
 静岡市山岳連盟も後援しています。

koukaikouza 1 koukaikouza 2  クリックすると大きくなります。
上のパンフレットには、講師として映画監督の大村 大作氏と測量協会の山田 明氏お二人の名前が載っていますが、 NPO法人地域マップ研究所理事長の星埜 由尚氏(元国土地理院長)も講師としてお話し下さるようです。

講座の内容
 星埜氏が 「測量の歴史、点の記と地図」
 山田氏が 「三角点を作った人々」~明治の測量官から続く冠族の系譜~
 大村氏が 映画「劔岳 点の記」撮影物語

また「測量展」もあわせて開催されます。
 小説「劔岳 点の記」にでてくる静岡県川根本町の出身の測夫である生田信にまつわるエピソード
 明治時代から現代の測量機器の展示
 柴崎芳太郎が踏査したルートの3D画像の展示                  だそうです。

こちらから申込みができます。

点の記 1.
6月20日(土)に全国ロードショー公開です。  
18:00 | 今日は | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

捜索に

山と瓦礫と捜索犬のW氏がチャンスと捜索に出かけました。

捜索場所は北ア・抜戸岳。

昨年12月に二人が行方不明になった、あそこです。

発見発見Ⅱで書いたように、いよいよ捜索再開の時期がきたようです。

しかしながら、去る4月1日も新穂高では降雪があったようで、現場周辺の積雪量も判りません。
そんなことで残されているT田君を見つけるのは、幾らチャンスの鼻をもってしても難しいかも知れません。

チャンスとの捜索は、4日と5日の両日行われる予定です。
23:13 | 遭難・事故 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑