奈良 その3

大神神社の次に行ったのは、ここ。

09.7.20a1
続きを読む
スポンサーサイト
20:42 | 今日は | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

奈良 その2

宿としたホテルウエルネス大和路(桜井市と明日香村の境付近)から車で十数分、下写真の大鳥居(高さ32mとか)をくぐりました。

09.7.20 1

神社から少し離れた駐車場から歩き、二の鳥居を通り緩やかに上ります。
09.7.20 2  09.7.20 3
階段を登ると、拝殿に着きます。
09.7.20 4  09.7.20 5  09.7.20 6

ここ奈良県桜井市三輪にある大神神社(おおみわじんじゃ)が今回の旅のメインなのです。    
大神神社HP
続きを読む
22:26 | 今日は | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

奈良

19日20日の二日間、十数年ぶりの家族旅行に行ってきました。
am5:20に自宅を出て東名へ。 高速に乗ってから地図・ガイドブックなどを家に置き忘れたことに気付きましたが、後の祭り。 頭の中の地図と道路標識で、二日間なんとかなりました。
伊勢湾岸-東名阪-西名阪-京奈和を通って橿原市にam10:30着。
まず、ここを見るつもりだったのですが、
09.7.19 1
続きを読む
23:07 | 今日は | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

日食

AM11:20 雲の間から見えました!!

09.7.22 1
09.7.22 2

12:24 | 今日は | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

家族で

昨日と今日、こんな所に行ってきました。

09.7.20-1

09.7.20-2

09.7.20-3

家族旅行など、何年振りでしょうか?
年明け早々に計画したのですが、雨にも降られず、無事帰宅しました。
詳細は明日以降に。
21:12 | 今日は | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

サファリパーク?

16日夜、二軒小屋まで会の仲間を送ってきました。

昨日、南アルプスの開山式が畑薙ダムサイトで開かれました。
それに合わせた訳ではありませんが、会のメンバー四人が
二軒小屋-蝙蝠岳-北荒川岳-三峰岳-間ノ岳-農鳥岳-大門沢-奈良田のコースを
三泊四日でパトロールとゴミ拾いに出かけました。

時間の関係で入山口と下山口が違うので私が二軒まで送り、21日にK本君が奈良田まで迎えに行くことになりました。

続きを読む
17:00 | 今日は | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

南ア情報

登山バスのご案内

井川から聖岳登山口までのバスが、2往復(1日)運行されています。 (7/16~9/23まで)

出発地は井川本村の「えほんの郷」です。

えほんの郷 6:00発--7:00 畑薙大吊橋-- 8:00着 聖岳登山口
聖登山口 8:30発--9:20 大吊橋--9:40 白樺荘 10:40-- 11:20着 えほんの郷
えほんの郷 12:00発--13:00 畑薙大吊橋-- 14:00着 聖岳登山口
聖登山口 14:20発--15:20 大吊橋--15:40 白樺荘 16:40-- 17:30着 えほんの郷

上記のスケジュールで運行されています。
特に帰りの便は新装成った「白樺荘」での入浴(500円)タイムもとられています。
白樺荘は宿泊も可能です。

料金などの問い合わせは「えほんの郷」まで・・・054-260-2377・・・お願いします。

井川の村おこしの一環としてのものだと思いますので、ご協力を・・・。

そして、火災にあった千枚小屋ですが、
7/25からプレハブ小屋で営業を行うようです。
東海フォレストに確認して下さい。

やはり、ここに小屋が無ければどうしようもありません。
18:21 | 今日は | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

お手伝い

娘から家内に写メが届きました。 (私に“写真”のみ転送)

上は、お店の手伝いをしている??ようです。

          09.7 1

こちらは、絵本でも見ているのでしょうか?

            09.7 2

我家に居る時とは、違ったところが見えます。 
色んなことを、覚えていくんでしょうね。

25日-26日に来るようなので、楽しみに待っています。
12:00 | | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

日光皮膚炎

先月中旬から右の腕(肘から手首まで)に細かな発疹が多数でき、強い痒みを感じていました。
始めは「虫(毒ガなど)に食われた」のかと思い、時間が経てば治ると・・・。
1週間・2週間経っても症状は変わりません!
3週目に入ったところで、掛りつけのお医者さんへ行きました。

看護士さんから「どうしました?」と問われ、右腕を見せると「山へは何時行きました?」とまた質問が。
毎年一度はお世話になっている皮膚科医なので、私の山好きは看護士さん達はとうにご存知のことなのです。 またまた変な虫!に刺されたかと思われたようです。
でも「山には、行っていないんですよ!」と答えると、怪訝な顔をしていました。

そして先生が右腕を診て「裏側と、左も」と云われ、その直後に「日光皮膚炎です」と。

これは職業病!なのか?と・・・。
毎日、車に乗っていて、しかも窓はフルオープン! 一番日の当たるところしか「発疹」はありません。

六十を過ぎたら皮膚も弱ってきたのでしょうか? それとも今年は紫外線が特別強いのでしょうか?
こんなことは過去に経験ありません。 これも加齢の影響でしょうか? 

今は(発症から4週目)塗り薬のおかげで発疹もほぼ引き、痒みもなくなりました。

紫外線、恐るべし!! 皆さんもお気をつけ下さい。

日光皮膚炎については→平松皮膚科をどうぞ。
12:00 | 今日は | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

金魚

Tちゃんの新作です。

09.7.12 1
今回のテーマは、ご覧の通りの金魚です。

水族館ができたようで Kuの店内を 涼しく感じさせてくれます。 (エアコンは効いていますヨ)

Tちゃんの作品が載っているtamtamtamrinもご覧下さい
続きを読む
17:00 | 喫茶 Ku | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑

質問が

4日にメールが届きました。
内容は、

11月11日に十枚山を登って、梅が島温泉に泊まった時、レスキューの赤い車に出会い、何かあったと思いました。とまった宿の人から詳細を聞くことができました。Mさんはその後どうなったのですか。今年5月2日にも梅が島に行きましたので、気になりメールをしています。

上記のMさんとは、一週間で二件 (遭難)に記した神奈川県の男性のことです。

未だ、行方不明 のままです。 としかお答えできないのが現状です。

拙ブログで捜索の状況を何度かお伝えしました。
その後「みどりの道」のパトロールも何回か行われていますが、手掛かりは全くありません。
Mさんが歩かれたと思われる 安倍峠-八紘嶺-山伏 のコースは、登山道の周囲はササが覆っているところが殆どです。
先月UPしたやりとげた!の写真と同じか、それ以上かと思います。
ですから道からは外れにくく、もし故意に外れてしまえば、発見するのは容易ではありません。

私個人としてはまだ諦めてはいません。 時間はかかるかもしれませんが、探し続けるつもりです。
21:58 | 今日は | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

千枚小屋 焼失

今日(6/30)18:37に携帯が鳴り、
「実は今日、千枚小屋が火災で焼失していたのが判りました。」
「記者発表前なので、オフレコで願います。 明日、調査に入ります。」
という内容でした。

静岡新聞の記事です (ヘリからの写真付き)

静岡県営千枚小屋は1993年の秋、小屋閉め直後にやはり火事で焼失しています。
その時はシーズン終了後で登山者への影響は少なかったのですが、今回はシーズン直前のことで管理者のTフォレストも頭を抱えていることと思います。

千枚小屋は南アのゴールデンコース(椹島-赤石岳-荒川岳-悪沢岳-椹島)の重要な小屋(150名収容)で、下記のようなロケーションにあります。

椹島 →5時間強・←3時間強 千枚小屋 →3時間半・←3時間 中岳避難小屋

標高1100mの椹島から歩き始め、千枚岳(2880m)・悪沢岳(3141m)を越え9時間以上掛けて中岳避難小屋まで歩ける人は殆どいないでしょう! しかも中岳避難小屋は30名しか収容できませんし水もありません。
逆コースなら、荒川小屋から椹島まで(9時間以上)下れるでしょう。
いずれにしても、椹島で一泊しなければなりません。

連絡をくれた方に、
「平成3年の高校総体の時広げた幕営地にテントを幾つも張り、小屋前の広場に大型テントを張れば対応できないか?」と助言。
「それも調べてきます!」との返事でした。

今年の南ア南部はどうなることやら!?




07:19 | 今日は | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑