二人救助

朝刊に大谷崩から山伏へ向かった男性二人(共に31歳)が遭難、という記事が載っていました。 
「二人とは携帯電話で連絡がとれている」とのこと。
その後、今朝9時頃、発見・救助されたというものです。

このコースは所属会のパトロールコースで、23日に大谷嶺迄のコースをパトロールしたばかりです。
パトロール結果は、「稜線付近は凍結箇所(要アイゼン)があるが、大きな問題なし」というものでした。
そして一番気になったのが携帯電話です。大谷崩周辺で携帯が繋がるのは、山伏とは反対側にある七人作りの尾根だけだからです。
何処に問題があったのか気になったので、県警救助隊から情報をもらいました。

救助隊員でもある地元梅ヶ島駐在所のF君、「最近いい加減な登山者が多いので、昨日も駐車場まで行っていました。車が二台あり(一台は遭難者のもの)ました。」とのこと。 (救助後に遭難者に聞いたところ、F君が駐車場に着いたのは二人の出発直後だったようです)

以下は救助隊長のN君とF君から聞いたこと、私が覚えている付近の状況などを突き合わせて書いてみます。

彼等は、大谷崩から山伏へは初めてだった。
二人は道路に残された、先行者の足跡を追った。 ほんの僅かで「右への矢印」があったので、それに従った。
急斜面を登った。 登りついた尾根を北へ進んだが、進めなくなり、下った。 下った所は沢で、沢を下るのは危険と判断し、救助要請。 焚き火とブルーシート?を被って寒さをしのいだ。


駐車場から道路(道幅5m)終点の登山口50mほど手前に、右へ入る道路ができています。
これは治山工事の現場へのもので、入り口に矢印が付いていたかもしれません。
二人のうち一人は「家で地図は見たが、山へは持ってこなかった」そうです。
二人の目的地・山伏は進行方向の左(西)にあるのに、どうして右(東)へ登り始めたのか? 
駐車場には、大谷崩の大きな案内看板が設置されていて登山道も表示されていて、登山口にも同様のものがあります。(因みに彼等が駐車した場所の僅か横に看板が…)
昨日は好天で、東へ急斜面(傾斜角、60度ほど)を登っているときにも、背後に山伏は見えていたはず。 
何とかなる!」と思って尾根までたどり着き、ササのまばらな小ピークを越え、1912m峰へ向かった。 猛烈なササをかき分けて登ったものの、左(西側)のガレの縁に出て進むのを止め戻ることにした。
おそらくガレが怖く、左(東)寄りに下ったのだろう。 下った所は緩やかな沢で、沢伝いに下ると、目の前がスッパリ切れ落ちていて二進も三進もできなくなり、家へ「道に迷った」と携帯で連絡。
この沢は「七段沢」といい、彼等が見たスッパリ切れ落ちた所は、落差80mの滝。 ここでは何年か前二人が落ちて死亡した場所でもある。(この時は、もう一人の同行者も近くで滑落し死亡という痛ましい遭難事案でした)
彼等は標高1400m付近の沢でビバークすることに。
彼等はコンロを持っていたようなので、焚き火をするのは容易だったかもしれない。
しかし今朝の冷え込みはかなり厳しく、山伏の西にある標高750mの井川の最低気温は-10.2度(-10℃以下になったのは15年ぶり)だからビバーク地ではそれ以下になっていただろう。 ただ幸いにも風はほとんど無かったようだし、彼等の若さも寒さに耐え生還できた一因になったかもしれない。

今回の遭難で考えさせられたのは、道標(矢印)です。 駐車場から登山口、そして「一の沢」を渡る所までに、案内板や道標も設置されています。 が、「途中の道路へ入り込む」ということは想定していませんでした。
もう少し細かく道標を!と思いもしますが、目印だらけになってしまうのも考え物だと・・・。
彼等もガイドブックを見たり、ネットで情報を仕入れていたと思います。
なぜ反対方向に登っているのにおかしいと思わないのか、これが最大の疑問です。

ご訪問戴いた皆様は、どのように思われますか?

因みに今回の救助には、県警救助隊・市消防警備隊・地元消防団の10名と県警ヘリ一機が出動しています。

スポンサーサイト
21:54 | 遭難・事故 | comments (5) | trackbacks (0) | edit | page top↑

大滝 Ⅲ

“大滝”へは俵峰集落から登るのですが、登山口から5分ほどの所に、電気柵が設置されています。 
(電気柵は集落を一周するような形で設置されているようです)

110123 26
110123 25
かなり高電圧のようですから、指示に従って通過して下さい。

大滝だけを見て帰るのではつまらないので、少し登った展望台へ!
110123 24
ここは親戚の持ち山、伐採しただけで未だ何を植えるか思案中。
なので、ここ何年かは良い展望地のままだと思います。
110123 21
左から山伏、真っ白な悪沢と千枚、布引、笊、大谷嶺。
そして、
続きを読む
17:20 | 尾根 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

大滝 Ⅱ

昨日の続きです。

アイゼンを持って行かなかったので氷には乗りませんでしたが、出来るだけ近づいてみました。

110123 7
の写真はクリックすると大きくなります
110123 8  110123 10
110123 11  110123 13
110123 12  110123 14
110123 15  110123 16
110123 17  110123 18
110123 19  110123 20
17:54 | 尾根 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

真富士の大滝

静岡でも毎日氷点下の日が続いています。

ひょっとしたらと思い、安倍奥・真富士山の大滝に行ってきました。

110123 a

上写真のように、見事に凍っていました。
こんなに見事に凍ったのは十数年見たことがありません。
家を出てから1時間半強で氷瀑が見られるんです。
静岡は温暖な地として知られていますが、こんな所もあるんですヨ!

大滝  クリックすると大きくなります
登山道の横にあり、高さは20mほどあります。
16:19 | 尾根 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

きました

先週土曜午後から、孫達がやってきました。 今朝、帰って・・・。

四ヶ月になったCちゃんです。
110116 1
110116 2

山は腰が痛いので休み! でも、孫達と遊んでいるときは、気になりません?!
続きを読む
17:20 | | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

二王山

昨年末K本君から二王山へと誘われ、M浦氏とK津君の4人で初歩きに二王山へ行ってきました。
湯の森から登るのが一般的ですが、ヤブを歩きたいというK本君の計画で、椎ノ木尾根を登り、湯の森に下ることになりました。

大和田の吊橋(長さ約110m)がスタート地点です。
110109 1
二人の“K”君は吊橋が怖いらしく、かなりのへっぴり腰で渡っていました。
続きを読む
17:07 | 尾根 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

あらら

正月に会えなかった孫たちの“最新写真”が届きました。
カゼは治ったようなので、早く来てくれることを・・・!

110107 2

もうすぐ4ヶ月になるCちゃんの成長に驚くばかりです。

110107 1

家内から「プリントして!」と注文があり、店に置いて眺めているようです。
20:53 | | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

静かに

年末から娘と孫3人が来るというので楽しみにしていたのですが、上の二人から生後3ヶ月半のCちゃんに“RSウイルスが感染”とのことで残念ながら来ませんでした。
正月は会の合宿も参加せず、他の山も予定せずに・・・! ア~ァ(-"-)

そんな訳で、近所の神社へ初詣に行っただけで、TVを見ていただけでした。
静岡といえばサッカー!
まず30日高校サッカーが開幕。 
ニュースで私の出身校が、開幕戦で勝った(初出場!で)と言っていました。 サッカー部ができたことさえ知らなかったので超驚きでした。 結果としては昨日の三回戦で負け(昨年の優勝校に)ました。
そして地元静岡代表の静岡学園も、昨日の三回戦でPK負けしてしまいました。
そしてこの静学、この4月から我家から100mの近所に移転してきます。

元日の天皇杯には清水エスパルスが出たものの、アントラーズの上手さにやられてしまいました。
私も中学の1・2年の時はサッカー部にいたんですヨ。 その時走りこんだおかげか、3年の時にできたハイキングクラブでは足だけは負けなかったように・・・。

2日と3日は箱根駅伝!
これにも母校が出場し、予定通りの総合3位。 今年は若手が主体だったので、来年以降「優勝」目指して頑張ってくれそうです。

元日に妹家族と家で新年会をしただけで、ほかに来客もなく、外にも出ない静かな正月でした。

今年の初山は、9日の二王山から始まります。 行きたい山は数あれど、どれだけ行けるか?今年も体調と相談しながらになりそうです。
16:53 | 今日は | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

新年

110101

明けましておめでとうございます
本年も宜しくお願い致します
00:01 | 今日は | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑