突先山&中村山

昨日は、所属会の読図山行。
このところ一緒に歩くことが多いM浦・K本とT山女史の4人。
K本は地図をかなり読めるようになってきたが、T山女史は全くの初心者と言っていい。
今回は人数が少ないこともあって、マンツウマンの指導ができた かな?

土曜には、金曜の降雨が山伏や大谷崩を真っ白にしているのが見られた。
そして先週の篠井山と違い、駐車場所には氷が張っていたりと一日中寒い、2月頃の気温に戻ってしまっていた。

茶畑脇の登山口から、山腹コースへ。
110327 1
続きを読む
スポンサーサイト
17:57 | 尾根 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

篠井山

東日本大地震で亡くなられた皆様のご冥福をお祈りし、また被害を受けられた皆様にお見舞い申し上げます。

110320 a
3/20 山頂からの富士山

昨日はK本、M浦の三人で富士川右岸にある篠井山(1394.4m)へ行ってきました。
篠井山は昔からヒルが多いことで有名!な山。 で、40年以上前から敬遠してきたところです。
でも会の若手K本君から「ヒルの出ないこの時期に登ってみたい!」と誘われ、出掛けることになりました。

昨日の天気予報では“午後から雨”とのことなので、午前中だけの行動で往復できる福士川上流からのコースを選択しました。
続きを読む
17:02 | 尾根 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

法事

先月は父母と祖母の法事を済ませたばかりですが、今日は同業だった大伯父と、私と同い年の息子の七回忌。
二人が半年の間に相次いで逝ってしまったのは・・・。 それからもう6年が経とうとしています。

法事が行われた寺院と、払いの席の会場に満開状態の桜が
110313 1  110313 2  クリックすると大きくなります

大地震で亡くなられた多くの方々が安らかに眠ることができるよう祈ってきました。
17:30 | 今日は | comments (3) | trackbacks (0) | edit | page top↑

春?

日曜(6日)に見えた景色です。

110306 27
まだまだ雪がたっぷりの、南ア・光岳とイザルゲ岳(右)です。
そして下は、木が邪魔で良く見えないかもしれませんが、中央の木の左に聖岳と右に赤石岳です。
110306 26  クリックすると大きくなります
続きを読む
16:40 | 今日は | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

訓練

今日は所属会・踏岳会の今年度二回目の冬山訓練(第一回 2/20 歩行)でした。

110306 2
110306 3

場所は、安倍川と大井川の間にある井川峠付近で、例年ならもっと雪があるはずでしたが、今日は最深部で30cmほど。

訓練内容は、テント設営とテント内での生活です。

110306 1
続きを読む
19:01 | 尾根 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

八森山から三星峠へ

2月27日AM7:30、下写真中央の橋から歩き始めました。
110227 3

今回も昨年11月に見月山へ同行した所属会の若手K本君から「楽なヤブ山へ」ということで、M浦と三人で歩くことに。
渡から八森山へは登る人もそこそこいるが、八森山から三星峠間を歩く人は年に20~30人ではないかと思います。

下写真は1/25000地形図ににも記されている(標高475m)人家跡から見た安倍川と大河内橋。
110227 4
景色が眺められるのは、この人家跡とすぐ上の放置茶畑付近のみで、冬枯れの時期に樹間から多少の眺めが得られるだけのツマラナイ?山です。
続きを読む
22:40 | 尾根 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑