堀内さま

質問にメールでお答えしようとしたのですが、アドレスに間違いがあるのか何回送信しても戻ってきてしまいます。
で、こちらに記すことにしました。

質問内容は:
今度、草木から大光山から奥大光を経てサカサ川へ行こうと思っています。話は飛びますが、2年くらい前に十枚に登ったときに、冬期は奥大光からサカサ川ルートは立ち入り厳禁と書いてある標識を見かけました。今は冬ではありませんからよいのですが、何で冬期は立ち入り厳禁なのか理由がわかりません。もしこの標識の意図が分かりましたら・・・。 と、いうものでした。

続きを読む
スポンサーサイト
17:31 | 今日は | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

積雪?

昨日の昼前、山伏の“扇の崩”真っ白に見えました。 その時は周りに雲もあったので「崩れの形の雲」だと思ったのですが、今日の朝刊に「富士山二合目付近まで積雪」と書かれていました。
ひょっとすると昨日見たのは“雲”ではなく、やっぱり“雪”だったのではと・・・。
5月も下旬になって積雪とは記憶にもありません。
ラニーニャが終息して天候が安定するかと思いましたが、南部九州は梅雨入りとか!
これから先の天気が気にかかります。

下は先日(5/22)の山伏山頂。
110522 24
O山さんが撮ってくれました。 全く展望もなく、登山者もいなかったそうです。
続きを読む
17:58 | 今日は | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

パトロール Ⅱ

新窪乗越北側からは天気さえ良ければ、樹間から下のような眺めが得られるのですが!

左から荒川岳(カールに雪が詰まっています)、悪沢岳と枝が邪魔ですが千枚岳。
110515 51
赤石岳
110515 52
これも先週(5/15)の写真ですみません。 

一週間経ったら景色もですが、花達も変わっていました。
先週咲いていた花々は殆ど見ることができませんでした。
続きを読む
17:44 | 尾根 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

パトロール

今日は「みどりの道」のパトロールで2週連続で大谷崩へ。
所属会のパトロールコースは昨年と同じで、真富士山(俵峰コース・平野コース)、大谷嶺、山伏の4コース。
今日は参加人数が少なかったので、各コース2名で実施。 私はO山さんと山伏へ。
大谷嶺・山伏は大谷崩駐車場(1225m)から新窪乗越(1850m)まで同じルートなので、4名で乗越まで。

天気は先週と大違い! 歩き始める前から上空にはガス。

110522 1
続きを読む
21:59 | 尾根 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

大谷崩  花

先日(5/15)に見かけた花です。

フデリンドウ
110515 40

ひょっとしたら名前が違っているかもしれません。 その時はご教示下さい。
続きを読む
17:47 | 尾根 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

アオ

15日の大谷崩で、アオ(カモシカ)に遇いました。

私達から距離にして200m以上離れていました。 デジタルズーム目いっぱいで撮りました。
良く太っているので、カモシカではないような感じ!
110515 31
少し近づいて。
110515 32
続きを読む
12:34 | アニマル・自然 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

道標

今年1/31に記した二人救助の翌週、静岡市スポーツ振興課のS鳥君に“新たな道標”の作成をお願いしておいた。 先月中旬、道標3枚と落石注意の標識が出来上がり、私のもとに届けられました。 

そこで今日、M浦・O友・k本三氏に協力してもらい、5枚の看板を設置してきました。

先ずは、石ころだらけの地面に深さ40㎝程の穴を掘ります。
110515 1
この穴掘りは大変でした! 大谷崩内はどこも石!だらけ。 土は殆どありませんでした。

今日使用したツルハシ、スコップ、電動ドリルと長さ2m・7㎝角の角材とプレート。
110515 15
続きを読む
21:24 | 尾根 | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑

標高1600mの地で、こんなに早くチョウを見るとは思いませんでした。

110504 18
5/4 茶臼岳から下山してきた横窪小屋横の陽だまりで、エルタテハが日光浴をしていました。
写真でお判りになると思いますが“翅”が大分傷んでいます。
このL、越冬から目覚めたばかりだと思われます。 3日には見かけませんでした。 
高校生物部に在籍した(今からン十年前)ころLだ、C(シータテハ)だと追いかけた思い出が蘇りました。

同じ横窪で見かけた、高さ2m強の木の新芽(下写真)。
110504 41
110504 42
丸い部分(直径1cm強)は花芽のようです。
撮影から1週間経った今頃は、葉も開き花も咲いていると思いますが、何の木か見当もつきません。
どなたか正体をご存知の方いらっしゃいませんか?
17:58 | アニマル・自然 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

茶臼岳 Ⅱ

4日、隣に寝ていたK本君が起きたのに気付いて目を覚ますと3:30!
一時間半も寝過ごしてしまった。 夜中にかなり強い雨音が聞こえていたが、外に出てみると満天の星。
同宿の方々も目覚めたようだ。
慌てて朝食、朝のお勤めを済ませ、ザックに行動食等を詰めU野氏から10分遅れの4:30に出発することができた。 同宿の方々は未だ準備中のようだった。

110504 1
写真中央に小無間岳。

そんなにとばしたつもりはないが後続しているはずのK本君の姿が見えない!
5/1の装備点検の時に「茶臼小屋へは夏道は使えない。小屋が同じ標高か下に見えたらトラバース」と言っておいたので、遅れても何とかなるだろうと・・・。
 
110504 2
反対側には上河内岳がだいぶ近くに
続きを読む
18:00 | 尾根 | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑

茶臼岳

5/2-3で南アは茶臼岳に行ってきました。

下は林道ゲートからの仁田岳です。
110503 1

所属会の半数は表銀座の縦走に出掛けましたが、私は二日間しか休みが取れずK本君と裏山へ出かけることに。
2日23:30頃畑薙ダム奥の沼平にある登山指導センター着。 県警救助隊員4名と湖西山の会のT田さんがGW期間中常駐しているところへ飛び入りで宿泊。(深夜・早朝お騒がせし、すみませんでした)
110503 2  110503 3 クリックすると大きくなります
4時半起床、5時半過ぎに山桜やヤマブキを見ながら林道歩き開始です。 
続きを読む
17:41 | 尾根 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ここへ 行ってきました

2011/5/4 am8:48の南アです。
110504b

詳細は後で
21:25 | 尾根 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑