読図山行

昨日は、所属会会員向けの読図山行でした。
これは毎年3月に、読図能力向上のために行っています。

登山口で、その場所の正確な位置を確認。 この時、空から白いものが落ちてきました。 
120325 1
続きを読む
スポンサーサイト
22:15 | 尾根 | comments (3) | trackbacks (0) | edit | page top↑

雪が

今日の安倍奥は雪が舞っていました。
120323 a
天気予報では晴れ・気温14℃(静岡市街地で)とのことでしたが、歩き始めるころに風花が舞い始め、9時過ぎまで断続的に雪が舞う空模様。
まさか雪が舞うとは、誰も考えていませんでした。 吹く西風は強く、かなり冷たいものでした。 休憩も風を避け、陽だまりを求めての一日でした。
18:55 | 今日は | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

沢口山

昨日は、川根本町にある沢口山へK本君、O友さんの三人で行ってきました。
120320 0
駐車場所は寸又峡温泉入り口。 花粉症のO友さん、少々辛そうです。
続きを読む
22:51 | 尾根 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

山行日和

今日登った頂からは、こんな景色が望めました。
120320 a
春霞で展望はあきらめていたのですが、予想は良い方に外れてくれました。

そして途中では、ミズナラの巨木が迎えてくれました。
120320 p1

詳細は後日に。
21:31 | 今日は | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

造形

過日お知らせした、大光山への登山道(静岡市により)通行禁止となっています。
早急に対応策を講じたいとのことですが、年度末ということもありしばらく時間がかかりそうです。

ということで遅くなりましたが“大光山”で見た自然の造形を

水場にある小屋から尾根上の道に出ると、足元に綺麗な氷の結晶が・・・。
120304 6
続きを読む
19:12 | アニマル・自然 | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑

大光山 通行注意

今日、大光山へ行ってきました。
すると、東峰・草木分岐手前(直線距離約50m強)のザレで、昨年登山道の改修工事が行われた場所が再び崩落しているのが判明しました。

120304 a

下写真(崩落個所) 落ちているのは長さ5m弱です。 しかし、その手前側もいつ落ちるか判りません。
120304 b
10mほど下から見上げたところ。
120304 d

崩落個所の上部に、仮の踏み跡を付けておきましたが、これも何時まで持つか不明です。
トラロープより上側を歩いてもらえば、通行は可能だと思いますが細心の注意が必要です。
120304 c
また崩落個所の下部、道の南側がえぐれているところも、何時落ちるか心配です。 (下写真のトラロープ左側)
120304 e

明日は“かなり強い雨”という予報が出されていますので、上記個所の崩落が更に進む恐れがあります。
出来れば“大光山”への登山は、控えられたほうが良いかと思います。
18:23 | 尾根 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑