また悲しいニュースが

昨夜のGoogleのニュースで、奈良県川上村にある「琵琶の滝」で男性の遺体を発見という記事が。
先ほどその遺体が、「その空の下で」という沢登りのHPを開いている、H田氏と判明したとの記事が!
直接氏とお会いしたことはありませんが、メールでは何度も連絡しあったことが・・・。

氏は、昨年あたりから紀州にも足を延ばし始めていました。
かなり難しい滝も攀じ登るし、かといって無理はしない方だと思っていましたが、今回はどうしたのか?

このGW前半に、友人・知人二人を失うとは・・・。
H田さんのご冥福をお祈りします。  合掌
スポンサーサイト
22:42 | 遭難・事故 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

剣岳で友人が

 昨日17時頃、何気なくGoogleで山の事故を見たら「剣・源次郎尾根で雪崩、一人自力脱出、一人行方不明」との記事が。
その第一報が、なぜか気になりました。
TVを見、入浴後の22:30頃、Googleからのメール(毎日、21:00過ぎに届きます。国内で発生した山における事故が載っています)を見ると「剣岳で雪崩 登山の男性死亡」という見出しが目に飛び込んできました。
そこを開いてみると、なんと友人(O田君)の名前が載っていました。
直ぐに市岳連に連絡すると、所属会から連絡があり、今日早朝富山に向かうとのこと。

今までに入っている情報では、
30日早朝、剣沢を下り、長次郎谷から源次郎尾根に取り付いたようです。 その後何処まで登り、何処で撤退を決めたかは不明です。 昨日は全国的に気温が上がり、槍穂でも大小の雪崩が出たようです。 おそらく源次郎でも同様で、時間とともに気温が上がり、雪がグズグズになり、慎重なO田君なら即決したものと思えます。
登ってきたルートを戻り始めたものの、14:05頃、2700m付近で雪崩(南西方向に)が発生し、二人とも流された。
その状況を富山県警山岳救助隊隊員が目撃。 おそらく剣御前小屋からだと。
直ぐにヘリ2機が出動。 捜索救助に当たってくれたようです。 O田君達は、当然ビーコンは付けていたはずです。 なので病院までの搬送が早かったのだと。

ただ2700mが1峰か2峰かわ不明です。 私の所属会の会長は、剣御前小屋の小屋番(半世紀ほど前)をしていたことがあり、彼から「1峰には、雪崩れる所が1ヶ所ある」と聞きました。
雪崩発生時刻が14:05というのは、過去の事例から一番発生しやすい時間かと・・・。

亡くなったO田君とは、25年以上の付き合いでした。
92年から1年かけて「静岡市の三角点100」という本を作ったのは、思い出のひとつです。
思い出を記し始めたらきりがありません。

改めて O田君のご冥福を願い 合掌
15:39 | 遭難・事故 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑