プラシュー破壊

靴  クリックすると大きくなります

靴2
上の二枚の写真、何だか判りますか? 今朝、7時頃の出来事でした。

今日は毎年恒例の初雪踏み山行で、八ヶ岳の赤岳へ。
静岡を昨晩(12/2)19時半に出発。南アルプスICから小淵沢ICへ。
一般道に降りると道路脇は真っ白、早速雪が出迎えてくれた。
美濃戸口の気温は-1度。10時半に美濃戸に着き、12時頃シュラフの中に。

薄っすら積もった雪を踏みながら、美濃戸を6時過ぎ出発。
南沢沿いの道を右岸、左岸、右岸と渡り、大岩の手前で右足に違和感を感じた。樹林を外れ明るくなった所で右足を見ると、靴本体下部が割れているのを見つけた。同行の三人にリタイアを告げ、針金で応急修理を。それが上下3枚の写真です。
靴4  プラブーツの崩壊です。
   
K・Tさんのブログ山道を行くの「道具を語る10」にプラスチックブーツのことが、11月7日に書かれました。
私の靴も年代物(10年以上履きました)なので、点検はしっかりしたつもりでした。
しかし、破壊は突然訪れました。が、山頂近くで起きたのなら、今こうして書いていることはできなかったでしょう。
歩き始めて1時間ほどの場所で起きたことは、本当にラッキーでした。
靴3  駐車場に戻った時の状態です。
踵部分のみが、くっ付いています。 
3年ほど前からいつ壊れるか心配しながら履いていました。愛着のある靴でしたが、心置きなく履き潰すことができました。

今回の山行はこんな結果になりましたが、南沢で面白いものを見つけたので、しっかり写真に撮ってきました。その写真は後日紹介します。

そして下は八ヶ岳パーキングからの、権現岳(中央)です。
八ヶ岳

今日の美濃戸の最低気温は-7℃。赤岳付近では耐風姿勢をとっても飛ばされそうな強風が吹き、行者小屋から上の雪は多めだそうです。
赤岳山荘の母さんは「3日前までタンポポが咲いていて、季節が1ヶ月遅れている。先月雪が積もったが、それ以降は雨続き。今日が一番の寒さ」と、話していました。

スポンサーサイト
21:06 | 今日は | comments (3) | trackbacks (0) | edit | page top↑
アイス | top | 二人に

comments

#
トラックバック、ありがとうございました。

まあ、なんと、見事なまでに…。
割れ始めると、あっという間に…という、よく言われている通りの状態ですね…。

大事に至らず、何よりでした。
by: K・T | 2006/12/04 13:29 | URL [編集] | page top↑
#
本当に、歩いて一時間あまりのことで良かったですね。
雪の中で割れたら、大変な事になっていましたね。

プラブーツは割れるって言われますが
分解って感じですね・・・
ぼくも、山スキーの時はプラブーツなので注意しなきゃ
と思いました。
by: なじ | 2006/12/05 00:56 | URL [編集] | page top↑
#
K・Tさん、なじさん書き込みありがとうございます。

違和感を感じてから1分も歩いていないと思います。漫画に出てくる「笑ったり、しゃべったりする靴」のようになってしまいました。

K・Tさんの「8年物に…」というのが気になり、出かける前に入念にチェックしたのですが、その時も靴を履く時にも何ともありませんでした。突然という言葉がピッタリです。

ラッキーなことに、同行者が針金を持っていたので非常に助かりました。私はテーピングテープを一巻き持っていたのですが、やはり針金の方が丈夫なのでそれで応急処置をしました。
その同行者も2年前の正月、文三郎に取り付いた所でプラシューが崩壊したという経験者!でした。

山では何が起こるかわかりません。修理道具も必需品ですね。その昔、父が山スキー(ヒッコリーの単板スキーの時代)に出かける時、トタン板と釘(スキーが折れた時に、トタンを巻き釘を打って修理)を持っていったのを思い出しました。
by: 管理人 | 2006/12/05 20:17 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://sizuokanoyamatotani.blog58.fc2.com/tb.php/107-1b30aff1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)