撤退

予想していたことですが、好天が見込めず早々と下山しました。

07.12.31縞枯


所属会に9月に入会した女性会員の初冬テン泊山行で、七人で北八に行ってきました。
上写真を撮った頃は、気温-15度、風速15m以上の吹雪でした。

静岡踏岳会にもUPされました。

雨池峠まではトレースもありましたが、雨池への道に入るとラッセルが待っていました。
視界も20mほどしか。
07.12.31雨池峠

予定では雨池まで下るつもりでしたが、翌日の登り返しと降雪量を考え林道にテントを張ることにしました。
07.12.31テン場

テントの中に入れば「天国」、早速飲み始め、この時点でペットボトルのウイスキーを二人で半分以上明けています。 私も持参のウイスキーをやはり同じくらいは…。
07.12.31食事の支度
年越し蕎麦ならぬ「温泉たまご入りのウドン」の夕食、そして元日の朝は定番「お雑煮」でした。

雪は一晩中降り続き、夜中に二回ほどテントに積もった雪を払い落としました。

08.1.1新雪

雨池峠への道は、昨日付けたトレースがすっかり消えていました。
三人が空身で先発し、20分後に私と女性二人を含む四人がザックを背負って出発。
追いついた所で交代し、男二人でラッセル。 乾いたフカフカの雪で深いところでは胸近くまであり、足場を固めるのに苦労しました。 
08.1.1ラッセル

雨池峠に全員が集合したのは、ラッセルを始めてから2時間後でした。
ここで今後どうするか協議し、風も雪もおさまりそうも無いので撤退を決めました。

08.1.1峠

雪の中で年越しをしただけでしたが、新人さんには低温(-20度)や強風(瞬間20m位)、ラッセルなどなど、良い経験になったと思います。
08.1.01私  ピラタスロープウエーについた所で、チョコット記念撮影した私です。
 

家に帰ってから知った「北ア・槍平小屋」での雪崩事故、三十何年か前のことを思い出します。 特に軽い新雪は樹林帯でも起こるので、テントを張る場所などに充分な注意が必要です。
スポンサーサイト
12:48 | 尾根 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
お正月 | top | 2008.1.1

comments

#
安倍の山伏さん新年明けましておめでとうございます!
しかし八ヶ岳の雪山訓練 凄いですね=! 強風に大雪で
新人の女性の方も 本当に良い経験になったのではないで
しょうか♪ 胸までの新雪であればラッセルにもちょっと
コツがいりますよね◎ 中々前進できないで 体力ばかり
浪費していた事を思い出しました♪
テント内の火器・・・シブイですね~・・ホエーブス?
マナスルでしょうか? もう一つもマルチフィーエルの
コンロのようですね~◎ さぞかし年越しのおうどん
美味しかったでしょうー☆ 北アの事故は残念でした・・
あんな山のベテランでも読みきれなかったのでしょう。あの
槍平小屋の下・・麓の方で私の友人達のパーティーがテント
泊してて、次の日に槍平方面に登る予定だったそうです。1日の
違いでした・・。 付近は四六時中 チリ雪崩が起きていて
下山も大変だったと聞きました・・雪山は本当に用心しないと
いけませんね。 本年も宜しくお願いします。
by: 沢グルメ | 2008/01/06 23:08 | URL [編集] | page top↑
#
沢グルメさん、おめでとうございます。
ストーブはホエーブスとプリムスのマルチ(今回はガスで)です。ホエーブス等のパーツがまだ幾つもあり、年季の入った火気達が幾つも現役でいます。ガソリンだと重量が軽く火力が強いので、爺さんには最適です。

槍平の事故は残念でしたが、改めて怖さを知りました!
昨年の硫黄岳でもそうでしたが、乾いた雪が大量(どの位いの量か?)に積もったら、「入山するな!」ということでしょうか?
テントを張る場所の選定には本当に気を付けなければと思いますが、大きな木があったり、視界が利かないときにはどうしたら?と・・・。
いろいろ考えさせられます。
こちらこそ、宜しくお願いします。
by: 管理人 | 2008/01/07 19:01 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://sizuokanoyamatotani.blog58.fc2.com/tb.php/261-2d387b62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)