悪戦苦闘の ロングドライブ

9日、静岡市内は相変わらずの「雨」でしたが、あちらこちらから「積雪」とのニュースが流れました。
20時頃に出発の予定でしたが「雪」の情報を知りたくて出発時間をAM2時にし、それまで睡眠を摂ることにしました。 しかし、1時間半ほど(しっかり熟睡)した22時になぜか目が醒めてしまいました。
ネットで調べると中央道に通行止めがあったり、市内から韮崎へ通じる52号にも「積雪」の画像が! 目的地の渋御殿湯に着いてから「仮眠」することにして、0時に家を出ました。
国道52号に入り、ひとやま越えた宍原のゴルフ場辺りから道路脇が白くなり始めました。
進むに従い雪は増え始め、スピード控えめの運転を強いられました。 車を走らせながら「下を行くか? 高速に乗るか」「下より高速の方が、除雪されていて…」などと考え、鰍沢から中部横断自動車道に乗ることにしました。
高速はやはり「チェーン規制」と「速度規制」が行われていて、入口でチェーンを巻くことになりました。 しっかり除雪されたガラ空きの横断道は他車を気にしなくても良いのですが、中央道に合流すると皆さんいつもと変わらぬスピードで…! 私はチェーン着きなので、出しても50km。 諏訪ICを降りたのが、3時でした。 茅野市内の道はしっかり除雪されていましたが、路面は黒光りしていて凍っているのがハッキリ…。 
国道152号から県道191号に入っても、しっかり除雪されていました。 最後の集落は除雪中で道路上に雪が残り、そこを抜けた途端10cm以上になりました。 が、それは三井の森入口のT字路まででした。 その先は全く除雪されておらず、先行車の轍が二台分見えるだけでした。 深さは25cm位で私の車の底より高く見えましたが、とりあえずつっっこんでみました。 しかし2・300m先の左カーブで、道路の傾斜でカーブの内側に車が進み始め、ハンドルがゆうことを効きません。 先行車は四駆でしょう、ここで前進を諦めました。 何とかUターンでき、今来た道を戻ることに!

このまま家に帰るのは勿体ないし、頭の中で登れる山を考えました。
美濃戸は絶対入れない!し、蓼科山?、距離はあるけど登山口に車を置ける「天女山・権現岳」に決定。

ルートは県道17号から八ヶ岳美術館へ、そして八ヶ岳高原ラインを通って大泉町・天女山登山口に向うことにしました。
長野県は良かったのですが、山梨県に入った途端「未除雪」! 大平の交差点から野辺山方面へは、数台分の轍が続いていました。 それも多分四駆でしょう。 マー食糧も寝袋もあるから、途中でスタックしても何とかなるさ! と・・・。
観音平への道を分けると、またまた雪が増えてきました。 急勾配では何度もスタックしかかりましたが、何とか登山口に辿りつきました。 明るくなりかけた6時過ぎでした。

そうそう、私の車は下写真の左にあるやつ。
550ccの軽バンです。 後部シートを倒すと平らになり、大人二人がゆったり寝られます。
スピードは出ないし馬力も無いけど狭い所にでも駐車できるし、一人で出かけるには最高に便利です。
08.2.10登山口


山遊びは明日に。



スポンサーサイト
17:10 | 今日は | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
天女山 | top | 59

comments

#
ロングドライブ、お疲れ様でした~^^

このお休みは、なんだか大阪でもかなり降り、積もったようで・・・雪の慣れない地域は大変だったようです0--0
チェーン走行だと不安でしょ~0--0 スピードも出ないし><
冬山をやり始めたコロを思い出しました・・・^^
主人もまだ、運転に慣れてなかったので・・・0--0
今では、大阪では一番のりのスタッドレスかも・・・(笑・・・まず見かけませんが・・・)

うちも車は・・・ホテルです・・・(笑)

続きの山レポ・・・楽しみにしています^^v
by: みい | 2008/02/12 10:19 | URL [編集] | page top↑
#
みいさん、どうも~。

何年振りかの雪上ロングドライブでした。

渋御殿湯までの積雪量と道路の傾斜を考えると、二駆のスタッドレスでは多分無理だと…。 昔のスノータイヤ+チェーンなら行けたかも知れません。 まー行けたとしても、重い雪のラッセルが待っていて、私の体力では黒百合平まで届いたかどうか?

チェーンだとスピードが出ない→そんなこと無いですよ! 30年も前のことですが、車のメーターで100を越えたこともありますから。(こんなこと書くと、誰かさんに怒られますネ!)
by: 管理人 | 2008/02/12 17:56 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://sizuokanoyamatotani.blog58.fc2.com/tb.php/278-0560abec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)