俵峰

俵峰  クリックすると大きくなります
上の写真は茶畑に囲まれている俵峰の集落です。
4月下旬になると新茶の摘み取りが始まります。

なぜ読図山行を3月に行うかというと、①静岡県内の低山にはお茶畑が広がり、4月になると農作業が忙しくなります。 そうなると私達の車を置く場所も無くなるので、農家の方々の迷惑にならないよう農閑期に。 ②落葉樹の新芽が出る前で、視界が利くこと。 ③日照時間が長くなり、時間に余裕を持てることなどでしょうか。 そして、たまにはワラビなど山菜が採れることも理由の一つになるかもしれません。

山中で見つけた?なもの2題

08.3.23 ヒメネズミの巣
この写真では良く判らないかも知れませんが、中央に直径2cmほどの穴が開き、その周りには朽ちた木の材(掘り出されたもの)があります。 調べてみたところヒメネズミの巣穴のようです。

下写真は、お食事前には大きくしない方が!! 
08.3.23 溜糞
新鮮?なものはありませんでしたが、カモシカの溜糞です。
別の場所にシカの糞もあったのですが、撮り忘れました。

お口直しに、キブシの雄花です。
08.3.23 キブシ
スポンサーサイト
18:20 | アニマル・自然 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
屋久島 そのⅡ | top | 富士見岳

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://sizuokanoyamatotani.blog58.fc2.com/tb.php/296-b61908ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)