いやなニュースが

今朝から新聞、TVで北アの抜戸岳で雪崩 二人不明と騒いでいます。
遭難したのは静岡山岳会の桑原君とTさん。 同行者は同会会長の小田さんとKさん。
登山予定ルートは判りませんが、おそらく奥抜戸沢左岸尾根から直接抜戸岳へ至るつもりだったのでは。

小田さんとは20年程、桑原君とも10年程の付き合いがある。
両氏ともかなり慎重に行動するほうだと思っているし、装備もしっかりしているはず。
特に桑原君はビーコンが発売された頃から「必携品」になると言っていたし、今回も持って行ったはず。 数年前に市岳連が行ったビーコンを使用しての捜索訓練でも教える側に回っていました。
しかし報道では、小田さんの発言として「事故直後から反応がない!」とのこと。
これから考えられることは、流されている最中にビーコン本体が故障あるいは破壊された。 電源を入れ忘れたなど、彼のことだから考えられません。
桑原君とTさんお二人の無事救出を願うしかありません。

所轄の高山へは、同会のM前会長とF君とご家族が今日の昼頃には付いたと思います。
また清水山岳会パーティーが自分達が登るのを中止して、新穂高で待機しています。
そして岐阜県警山岳警備隊の捜索メンバーの中に、市岳連E会のA君の息子さん(私の子供と同年齢)がいます。 彼も、「他人事ではない」と感じているのではないでしょうか?

家で情報を待つだけ!というのは気が滅入ります。
すぐにでも応援に行ってやりたいと思いますが、仕事(30日まで)や同会からの要請がなければ動けません。
明日は好天とのこと、なんとか・・・!
スポンサーサイト
20:52 | 遭難・事故 | comments (3) | trackbacks (0) | edit | page top↑
雪崩ビーコンへの疑問 | top | 近況です

comments

# 剣岳・点の記 
片山さん今日は、静岡山岳会遭難の事、大変ですね。
無事を祈りますが難しい現状ですね。
当会も心して冬山に向かいたいと思います。

お借りしました「剣岳・点の記」読み始めましたが思わず惹きつけられてしまい区切りをするのが大変です。
すばらしい本ですので、ブログに紹介させていただきました。
また所有者の片山さんのブログにリンクをさせていただきましたのでよろしくお願いいたします。
by: Oyajiくん | 2008/12/30 17:01 | URL [編集] | page top↑
# お世話になりました。
片山さんこんにちは。 心配ですね。。雪山の恐ろしさを見せ付けられた
ような気がします。一刻も早く救助できることを祈念致します。

片山さん、今年は一年本当にお世話になりありがとうございました。
来年もどうぞ宜しくお願いします。
良いお年をお迎え下さい。
by: 沢グルメ | 2008/12/31 15:41 | URL [編集] | page top↑
#
沢グルメさん、こんばんは。

本当に雪崩の怖さを感じています。 
トラバースなどでは誰でも注意していると思います。 今回のようにルンゼの最上部からのものでは注意しようがないのでは? そんな場所は通らない!と言えばそうですが、止むを得ず通過することもありますよね。
これから検証・検討していかなければならない問題だと思っています。

こちらこそありがとうございました。
来年も良い山行ができることを・・・。
by: かたやま | 2008/12/31 20:35 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://sizuokanoyamatotani.blog58.fc2.com/tb.php/389-dcbca774
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)