龍爪山 Ⅲ

遅くなりましたが、龍爪山からの下山です。

大勢の登山者で賑う文殊岳をあとに、薬師岳に向います。

09.4.12 13
薬師岳山頂

薬師山頂北側で穂積神社への道を分け、さらに北上して駒引峠への稜線を辿ります。 
09.4.12 14  薬師北側の気持ち良い自然林
しかしこんな気持ち良い自然林は少なく、殆どがスギ・ヒノキの植林です。 

916標高点を過ぎ、855標高点手前のコルが峠です。
09.4.12 15  駒引峠
ここの地名「駒引峠」は、幾つかの本で富士見峠と紹介されています。 しかし、駒引峠が正しいのです。
峠から西へ「静清庵自然歩道」を下ります。
そして720mの分岐(俵峰・野田平)で左折し野田平への道を下ります。
地図にも載っている茶畑の中を通りますが、ここは放置されているのでお茶の木が伸び放題になっています。

09.4.12 16  550m付近
上のような倒木が何ヶ所もあるので、道が判りにくくなっています。

512.2m三角点南東で直角に左折し下ると、野田平と郷島の分岐になります。
野田平への道はしっかりしていますが、郷島への道は確かなルートファインディングが必要です。

09.4.12 17  460m付近

特に350mから300mにかけての踏み跡も無い広い尾根を下るのには神経を使いました。
281標高点北東には送電鉄塔があり、その北面の深くえぐれた道を下ると墓地の上に出、秘在寺の境内に降り立ちます。
09.4.12 18  墓地を下ります。

09.4.12 シャガ  境内ではシャガが満開でした

郷島の集落を通って駐車場所へ戻り、今日の読図山行は終了です。
コースタイム? 途中での勉強と、下山時のワラビ採りを含め丁度8時間でした。

09.4.12 サワグルミ 1 09.4.12 サワグルミ 2
安倍川の河川敷に生えている大きなサワグルミの木には、花が咲いていました。

龍爪山ⅠにUPしてある地形図を見て「道(破線)があるじゃないか」と思われるかも知れません。 この地形図を作成した時には在ったと思いますが、それから何十年か経過した今、それが使われているか否か歩いて見なければ判りません。
登りに使った道も、6割は踏み跡もありませんでしたし、下りの三角点から下も同様でした。
登りはとにかく高みを目指せば良いわけですが、下りはそうはいきません。

「読図」に関しては後日にでも。 
スポンサーサイト
21:03 | 尾根 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
龍爪山で見たもの | top | 龍爪山 Ⅱ

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://sizuokanoyamatotani.blog58.fc2.com/tb.php/420-11c7ad84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)