やり遂げた!

昨日は、市岳連の仲間(奇特な有志)17名での行動でした。

下の写真を見て、何をしているか判りますか?
09.6.7 1

これなら、判りますか?
09.6.7 2

もうお判りですね! 登山道を覆っている、ササを刈りに行ったのです。
09.6.7 3
09.6.7 集合  仕事が終わったあと、こっち向いて!

写真はクリックすると大きくなります。

この倒木はチェーンソウを持ってこなかったので、伐らずに残し、右側に迂回路を作りました。
09.6.7 4  H君が鎌で刈ってくれました。
次に、刈り払い機を使ってササを刈ります。
09.6.7 5  09.6.7 6
刈ったササを片付けると、何人分かのザックを運ぶ人が・・・。
                    09.6.7 7  09.6.7 8

ササは概ね人の背丈ほどの高さで密生しています。
09.6.7 9  09.6.7 10

刈り払い幅は、1.5m前後としました。
09.6.7 11

青笹山頂から2~300m付近。  
09.6.7 13  09.6.7 12
作業の先端部分(右写真)では、どこに道があるのか判りません。
上の写真を撮ったのが14時でした。 下山のことを考えると「作業中止」と云わざるを得ませんでした。
しかし、皆が「なんとか今日中に全コースを終了させたい」と云い出したので、15時まで作業延長を認めました。
残った約300m、皆馬力が上がり、14時40分に青笹の頂上まで刈り払うことができました。
視界10m弱の何も見えない山頂でしたが、皆の達成感はかなり強いものだったと思います。
09.6.7 a
山頂標識には「青笹山」と「山」が付いていますが、昔から「青笹」と「山」ナシで呼ばれていることをお伝えしておきます。

作業後の道の様子です。
09.6.7 16  09.6.7 17

09.6.7 地図  今回ササを刈ったところ(朱線)です

だいじな三角点の周りは、H君が手で刈ってくれました。
09.6.7 三角点

不思議なことに、三角点北側の1518m標高点付近だけは、ササが膝丈ほどしかありません。
09.6.7 14
ここは清水区大平との分岐になっています。
09.6.7 15  奥が大平、右が浅間原、左が青笹への道
05.3 分岐から上の場所から見た「青笹」(05年3月)

10年ほど前から、多くの登山者から「ササをなんとかしてくれないか!」と、云われ続けました。
それがやっと、なんとかなりました!
スポンサーサイト
19:00 | 尾根 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
日曜に見た?? | top | 土砂崩れ

comments

# ご苦労様でした!
これは、これは、本当にご苦労様でした。

去る4/9に家内と二人で真先峠~地蔵峠~青笹をピストンしてきました。初めての青笹でしたが下調べ通りの良いハイキング道がついていて、安心、快適な山登りが楽しめました。

道々何度か、「良く整備されているなあ」と思いましたが皆さんで整備してくれていたのですね、有難うございます、本当に頭が下がります。

青笹頂上から真富士山方向へ少しだけ分け入りましたが、背丈ほどの笹が道を塞いで先を見透かす事すら出来ませんでした。そこの刈り取りをされたのですね。今度行く時は浅間原まで足を延ばしてみたいです。

八紘嶺の写真の件は残念でしたね。
by: 春夏秋冬365 | 2009/06/09 14:00 | URL [編集] | page top↑
# Re: ご苦労様でした!
春夏秋冬365さま、こんにちは

「一度歩いてみて下さい」と、云いたいところですが、一周するには時間がかなり掛ります。
山頂で休憩するのを止めて、大平との分岐まで行って休んでみたらどうですか? 往復30分見れば、お釣りがきます。
多分、お二人だけの静かな休憩場所になるかと・・・。

> 八紘嶺の写真の件は残念でしたね。
また来年の同時期に、撮り直しに行ってきますヨ (笑)
by: かたやま | 2009/06/09 18:00 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://sizuokanoyamatotani.blog58.fc2.com/tb.php/435-25dcdd74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)