権現 そのⅡ

押手川から編笠山への急登中足元しか見る余裕が無くなっていた頃、なぜか視界の上方を左から右へ横切る小さな物体に気付きました。
立ち止まって右方向を見ると、オコジョが!
オコジョは好奇心が強い動物、すぐ口で「チュ、チュ」と何回か音を出すと、2m位の所まで近寄ってきました。 頭から尻尾の先まで20cm程の大きさ(一般的な成獣の大きさ)。ほんの僅かな時間で、写真を撮る余裕は全くありませんでした。
周囲には大きな石(岩?)が積み重なった状態で、オコジョの棲家としては絶好の場所でした。

090922 7
上写真はオコジョに会った所から少し登った登山道中央の石の上にあったオコジョの糞です。
長さは25mmほど。 1日から2日前に排泄されたものです。
彼等は自分のテリトリーを示すために、目立つ所に糞を置いていきます。
山頂まで幾つもの糞がありましたから、複数のオコジョが棲んでいると思われます。

お口直しに、続きを・・・
この時期には花も少なくなりますが、少し撮ってきたので・・・。

090922 2
トリカブト  下りで使ったアトウノ尾根には沢山咲いていました。

090922 10
ミネウスユキソウ  編笠山・権現岳両山頂直下に僅かに残っていました。

090922 13
ウラシマツツジ  ノロシ場にて  昨年より色付きが早いようです。

090922 14
イブキジャコウソウ ?   ノロシ場-ギボシ間
こんな白い毛に覆われたもの、初めて見ました。 残った花から判断したのですが、間違っていないでしょうか?   もし違っていたら、ご教示下さい。

090922 20
マツムシソウ  木戸口の上方で数輪咲いていました。
スポンサーサイト
18:00 | アニマル・自然 | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑
また遭難? 二王山 | top | 編笠山・権現岳・三ッ頭

comments

# こんにちは
 沢登もザイルを使ったクライミングも無しの久しぶりののんびり登山を楽しまれたようで何よりです。

 お好きな八ヶ岳、確か1~2年前は 青ナギから南稜を阿弥陀岳へ直登されていたと思いますが、今回は編笠から権現岳・・・、
でも 登山道歩きだけでは何となく物足りなそうですね。

 今年は秋が早いとおもっていましたが、まだ名残の花が残って・・・、片山さんが花の写真を写すとは・・・そんなところにも物足りなさの一遍を感じました。
by: 俄歩人 | 2009/09/25 09:12 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://sizuokanoyamatotani.blog58.fc2.com/tb.php/469-7a408f5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)