大谷嶺パトロール

新窪乗越で別れた「大谷嶺」班は、あちこちで仕事をしてきたようなので報告しておきます。

100516 o1
100516 o2
新窪乗越東ピークを越えた所で通行の邪魔になる枯れ木を除去しました。
ここでも枝を除去。     写真はいつもどうり、クリックすると大きくなります。
100516 o3  100516 o4
o14  o15

大谷嶺山頂のガレの縁に設置されているロープが緩んでいたのを、張りなおしました。
100516 017  100516 o5  施工前 

100516 o6  100516 o8   
100516 o9  100516 o7  施工中
 
100516 o10  施工後

山頂東側は私達のパトロール範囲ではないのですが、大きな倒木があったので枝を除去しました。
100516 o11 100516 o12 100516 o13

下は新窪乗越下の大谷崩です。
落石が危険と何回も記しましたが、黄色矢印で方向を示しました。
100516 o16
現在、三の沢・四の沢から頻繁に落ちています。
堆積土砂が登山道より高くなってしまいましたので、落石が道まで到達する可能性が非常に高くなっています。
また、右岸の鳩胸尾根からも同地点に向けて三筋のザレが落ちていて、こちらからも稀に落石があります。
写真中人のいる場所の右下方の林まで「安全」と云える場所はありません。(この林も100%安全とは云えませんが)
三の沢下の樹林を抜けたら、上記林まで休まずに通過されるよう行動して下さい。
スポンサーサイト
18:14 | 尾根 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
本年初の水遊び | top | 山伏パトロール Ⅲ

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://sizuokanoyamatotani.blog58.fc2.com/tb.php/529-098275be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)