見月山  子連れ熊と

会の若手K本君が「見月山」へ西側から登りたいと云ってきました。
ガイドブックに書かれているコースだそうだが、その本を私は知りません。
まあいずれにせよ、ヤブ歩きだから地図さえあれば・・・。
101107 2
ガイドブックに記されている通り、柿島集落の一番高い処にあるお宅を目指して、お堂の前の道を登り始めます。
101107 1
101107 3 ブロックの奥を右に・・・。
101107 33  地図も写真もクリックすると大きくなります

家の横から堀沢沿いに登り、二俣へ。ここまでは簡易水道のパイプがあり道はしっかりしていました。
しかし本には二俣を左へと書かれていますが、そちらは斜面が崩落ししかもヤブ。
道を探すのも面倒だし、いずれ尾根へ登らなければならないので、二俣から左手の道なき斜面を急登!
101107 4  101107 5  
519m標高点西側に登ると、尾根の北側に道が! そうなら最初から尾根に登ったほうが良かったかも・・・。
尾根を東に進むと、本に記されていると思われる道と合流。 道標もそばに。
101107 6  101107 7
道といえるのは630m?付近までで、その先は尾根を直登する踏跡になり、
800m付近に人工的な石積みが現れる。
101107 8
石積みを過ぎてしばらく登ると、左手に道が現れる。
この道を辿ると900m付近で北へトラバースをしはじめ、一本北側の尾根に着くとモノレール(上記地図の緑色線)が現れ道はそこで無くなった。
101107 9
モノレール沿いに登り、傾斜が緩くなったところでモノレールと別れ、間もなく見月山頂南にある旧雨量観測小屋に着き、山頂へ。
101107 10  101107 11
山頂北端で見月茶屋への道を東に分けると、背丈以上の笹の中を下るようになります。
足元の視界は悪いですが、良く踏まれた道が続きます。 頭上を広葉樹が覆っていますが、紅葉には少し早いようでした。
101107 12
道が平坦になると、西側は防獣ネットに囲まれた植林地になります。
あと数年は良い展望が得られそうです。
101107 13
西側下方に、下山に使う予定の送電鉄塔が林立する尾根が見えています。  
101107 14  101107 15
ネット横の倒木を跨ぎ、991mピークを越えると送電鉄塔に着きます。
101107 16  101107 16-2
ここは東側の展望が良く、十枚山から真富士山などが見えます。(上右は青笹です)
二基の鉄塔の間に中平集落への道が分かれています。(この東斜面では送電鉄塔の増設?工事が行われているようです)
101107 17  101107 18  リンドウが咲いていました
三星峠に下り、北側(右下写真)の細い尾根を北西に登ります。
101107 19  101107 20
ピークの手前、915m付近で左に曲がると、下写真の標識が現れます。
101107 21  101107 22
上左の標識から10mほどの所から幅広尾根の左よりを下り始めました。
すると830m付近(急傾斜になる手前)で左から尾根中央に向かう道に出合いました。 おそらく今は使われていない三星峠からの道だと思います。
その道を下ると左上方、木の隙間の上に送電鉄塔が見えました。 道から外れ鉄塔下へ。
101107 23  101107 24  750m上側鉄塔
地形図とは違い、二つの鉄塔が50mほどの間隔で建っています。(№14・15写真参照)
101107 25  下側の鉄塔(746標高点付近)
道から早めに外れたために確認できなかった「栗駒」「長妻田」の標識が、上側鉄塔の西50mほどの道端にありました。
101107 26  101107 27
101107 28  眺めが良かった下側鉄塔
ガイドブックでは栗駒へ下るコースが紹介されていましたが、下山後の道路歩きが嫌なので長妻田への道(地形図にも載っている破線路)を下ることに・・・。

鉄塔から下り始めて20分強、14時頃ハプニングがありました。
南北に長い590mピークの西側を巻いて(明るめの植林地)いるときです。
私の前方30mほどを、右から左へ黒い物体が横切りました。
その時「ウヲッ」と短く鳴きました。 すると、小さな黒い物体が続いたのです。
見た瞬間 クマ だと思いました。
先に見えたのは体長1m位のメス、続いたのは体長5~60cmの子供だと。 
クマと見間違えるものにカモシカがいますが、これは鳴きません。 イノシシとは鳴き声が違いますし、子供が一頭だけというのは考えられません。
クマの親子が横切った所で一応止まって「足跡」を調べようとしたのですが、さすがに怖くて・・・!!

下写真は少し下った500m付近の伐採地から見上げた景色です。 クマさんとあったのは写真右上の奥です。  
101107 29  
101107 30  上と同じ場所からの栗駒方面

470m付近で破線路から外れて尾根を350m付近まで直進し、曹源寺北側の茶畑から道路に下りました。
101107 31  101107 32

このコース、地図読みができない方は入山しないほうが・・・。
スポンサーサイト
18:03 | 尾根 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
下まで | top | 今日は、ここへ

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://sizuokanoyamatotani.blog58.fc2.com/tb.php/564-e0c10f00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)