藤代沢 その2

今日、2週間ぶりに医者へ行ってきた。
昨日水遊びに行ったのに左膝は、痛みも無いし筋肉痛も無いが、仕事中少々重く感じた。なので何か言われるかと心配したが、レントゲン写真を見ながら「順調です」と云われ安心(^.^) 「では、2週間後に」と云われ、まだ完治ではないということだ(-_-;) 

昨日行った、藤代沢の写真集はこちら
http://photos.yahoo.co.jp/ph/yamaya2013/lst?.dir=/8c3a&.src=ph&.view=

藤代沢の利点?は、下りに歩かなくてすむこと。遡行終了点から10分ほどで車に(前もってデポしておく)戻れるのだ。今回のように膝の具合を確かめながらの水遊びでは、エスケープルートも多く大助かりな沢なのだ。難点としてはヒルが多いこと。常に注意しないと、不味い血でも吸われてしまう。昨日も4匹(沢の中では一匹)引き剥がした。

写真に付けた説明を読んでいただければ、藤代沢の概略は判ってもらえると思います。もしヒルがいても遡行してみたいという物好き?な方がいらっしゃったら、もっと詳しく書いてみます。


 



スポンサーサイト
22:17 | 沢登り | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑
| top | 二ヶ月ぶりに

comments

# ルートファインデイング
藤代沢を案内していただき、ありがとうございました。これで、沢は、4回目ですか、、だいぶ自分なりに、慣れてきたかなと感じています。今回は、ただ後ろについていくだけでなく、できるだけ、自分のルートを探したつもりです。沢のその場所、場所での水流の強さ、深さ、流れが落ち込んでいるところの下はどうなっているのかなどを探ってみました。
沢遊びの醍醐味は、ひとつの沢でも、ルートがいくつもあるということ、多人数で行ったとしても、それぞれ、自分の好きな場所を選んで遡行できること、、かな?
by: ryo | 2006/07/20 00:08 | URL [編集] | page top↑
#
葵高原周辺は、ヒルが、多く出没する地域のようですが、他の北沢、黒沢などは、以前遡行された時の経験では、どうでしたか? 
by: ryo | 2006/07/20 00:35 | URL [編集] | page top↑
#
ヒルですが、北沢では03年は被害なし、04年には右足首(靴の中)を喰われました。安倍川左岸の白沢、黒沢では被害なし。関ノ沢系では全ての沢にいます。特にシバシロ沢・タル沢は多い。右岸の足沢・西日影沢・瀬戸沢では被害なし。濁川は多い。三郷川は不明。蓬沢は4月下旬しか入っていないので不明。
今まで大丈夫だった所も、いつヒルが発生するか判りません。注意するにこしたことはないでしょう。
by: 管理人 | 2006/07/20 18:11 | URL [編集] | page top↑
# 万古渓谷
安倍の山伏さん、こんばんは。
先日初めて“水遊び”に行ってきました。沢登りではなく、“沢渉り”ですが(笑)。
ブログに記事を載せましたので是非ご一読ください。
by: はっしぃ | 2006/07/20 23:08 | URL [編集] | page top↑
#
こんばんは。
この周辺はヒルが多いのですか!?
何度見ても、慣れる事が出来ません^^;
春に刺された痕が未だに痒くなるときがありますし…
私も先日沢登りに行ってきましたよ。
まだま初級易しい沢にしか行けませんが。
シャワークライミングが気持ちの良い季節になりましたね。
by: にこちゃん♪ | 2006/07/21 22:37 | URL [編集] | page top↑
# 増殖中
にこちゃんさん 今晩は。
ヒルに咬まれた傷跡は、軽くて半年から一年、酷ければ数年は残ってしまいます。痒みはそろそろ無くなると思いますよ。
沢登りは道が無いので難しいと思いますが、そこが面白さの一つだと思います。本当に夏らしい暑い日(シャワーを楽しみたいので)を待ち望んでいます。
by: 管理人 | 2006/07/21 23:58 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://sizuokanoyamatotani.blog58.fc2.com/tb.php/59-8cb9d128
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)