釜ノ沢西俣

台風15号による我家の被害はTVアンテナが倒れただけで、それも今日午前中に修理できました。
アンテナは支線の針金が1本切れ倒れていただけなので、立て直しと支線の結束だけの仕事は5分で終了。

会合やらなんやでレポのUPが遅れましたが、ようやく・・・。

9/18 am4:30に静岡を出、西沢渓谷駐車場へ。
7:30頃から歩き始め、ゲートでは車3台が作業のためか林道へ入って行きました。
110918 0
いつも通り、各写真はクリックすると大きくなります。

東沢に架かる吊橋を渡ると、鶏冠山への標識が! 以前は「通行禁止」の大きな看板があったのに・・・。
110918 1
私の前回の遡行(07年8月)時と比べると事情が変ったようです。
右岸の巻き道が河原に降りる所から、更に先へ道が延びていて、鶏冠谷出合まで行くことができました。
110918 2  鶏冠谷出合
河原を歩いてきた4人Pは鶏冠谷へ、私たちの後から来た2人Pは鶏冠山へ。
ここで沢靴に履き替え、左岸へ渡渉。 すると東沢の上流から下って来た5人Pが!
聞けば「昨晩山の神で泊ったが、2時過ぎまですごい雨、気がなえちゃったので今日は温泉!」とのこと。
そんなに水量が多いとは見えなかったのですが・・・。
110918 3  左岸巻き道取り付き
ここにも以前は無かった赤ペンキ矢印があり、巻き道にもピンクテープが付けられていました。
110918 4
110918 5  ホラの貝沢
110918 6  ホラの貝ゴルジュ入り口
110918 7  一旦河原に降りて再び・・・
110918 8  山の神
110918 9  山の神すぐ上の大岩
110918 10  110918 11
110918 12  プールはいつもの色!
110918 13  岩壁の下を通過すると
東のナメ沢が。
110918 14  110918 15
3人Pが取り付いていました。
110918 16
下は東沢に入れば、必ず写真に撮られる定番のところ。 左岸の岩が水中まで繋がっています。
110918 17
T君が私を撮ろうとしたら、足を滑らせ・・・
110918 18
ここでまたまた下ってくる5人Pとすれ違い! なんか不安に・・・。
110918 19  110918 20  左のUP
この先にナメ滝があるのですが(写真は撮り忘れ)、そこで水量の多さを実感できました。
通常ならナメ滝を簡単に渡渉できるのですが、1m以上も水しぶきが上がり、とても渡れません。 直下のプールを泳ぐことも考えましたが、右岸を小さく巻き、ナメ滝落ち口の上で水流を渡りました。
そしてしばらく歩けば、釜ノ沢出合に到着です。
110918 21  釜ノ沢出合  
110918 22  魚止の滝
ロープを出して登っている3人Pと順番待ちの2人Pが。 12:00
前回の写真と比べていただくと、違いが判ると思います。
110918 24  魚止の滝落ち口上のT君とK津君
上写真のナメを登り、左に曲がると有名な千畳のナメに
110918 25  千畳のナメ
110918 26  千畳のナメ最上部
しばらく歩くと きれいな釜を持つ8m滝。 ここは左岸を巻きます。 巻き道は良く踏まれ、ピンクテープも付けられています。 
110918 27  曲がり滝
曲がり滝までに2Pを抜き、13:00に両門の滝着。 先行の3人Pが。 やはり人気の沢だけに、遡行者が多いです。
110918 28
110918 29  お遊び中の二人
でも私たちの辿る西俣は、私達以外誰も来ないでしょう。

続く
スポンサーサイト
18:52 | 沢登り | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
釜ノ沢西俣 Ⅱ | top | 15号

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://sizuokanoyamatotani.blog58.fc2.com/tb.php/640-2be662db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)