大谷崩の花

9/22、大谷崩登山口付近から新窪乗越の間に咲いていた花々を紹介します。

ヤマジノホトトギスではなく、ヤマホトトギスでした。(9/30)

120922 31
このホトトギス、開ききっていないのでヤマかヤマジノか随分悩みました。
一般的にヤマホトトギスの花は、房状に複数付き、ヤマジノホトトギスは房状にならないと。また、中央の雄蕊にヤマは紫色の斑点があり、ヤマジノには斑点が無い! しかし稀にヤマでも斑点無のものもあるので、ヤマジノの変種かもと思ったわけです。
拙ブログリンク先の九ちゃんさんからご指摘を受け、今一度調べてみました。
下写真は10年8月末、上写真撮影場所から少し離れた沢で撮ったものです。
120930 a  120930 b
これを見て誤りに気付きましたので、訂正させて頂きます。
120922 1  ウド
120922 2 120922 3  シラネセンキュウ
120922 4  120922 5  テンニンソウ
120922 6  ダイコンソウだそうです
120922 7  120922 8  ナンブアザミ ホソエノアザミだそうです
120922 9  120922 10  キオン
120922 11  ミヤマタニソバ
120922 12   リュウノウギク
120922 13  ???
120922 14  120922 15  バライチゴの花&果実
120922 16  120922 17  フジアザミ
120922 18  120622 19  ヤマホタルブクロ
120922 20  120922 21  ヤマハハコ
120922 22  120922 23  クサボタン
120922 24  シナノナデシコ(ミヤマナデシコ) 
120922 25   キリンソウ
120922 26  イワシャジン 
120922 27  オオビランジだそうです
120922 28  オンタデ(登山道脇に一番目立ちます)
120922 29  乗越下のリュウノウギク
120922 30  ヤマトリカブト

登山道脇に咲いていた花々だけですが、思っていた以上の花が見られました。
???印は名前が判りません。 どなたかご存知でしたらご教示下さい。 

最後にもう一枚、ヤマジノホトトギス ヤマホトトギスです。
120922 32
スポンサーサイト
20:33 | アニマル・自然 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑
シカ | top | 二ヶ月ぶり

comments

# 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: | 2012/09/29 21:06 | URL [編集] | page top↑
# 大谷崩の花について
大谷崩は花が多く、花隙にとっては季節を変えて行ってみたくなる所です。ところで9月22日に大谷崩で撮った花の写真ですが、名前が違うのではないかと思われるものがあるので指摘しておきます。
冒頭のホトトギスですが俗にイワホトトギスといわれるホトトギスの深山タイプのもので、変化が連続的なので通常は区別しません。
テンニンソウの次の花はダイコンソウです。
ナンブアザミとしてあるのはホソエノアザミと思われナンブアザミは安倍奥では未発見です。
ホタブクロは別種のヤマホタルブクロのようです。
ミヤママンネングサはキリンソウが正解です。
イワシャジンの次はオオビランジです。
オンタデとあるのは普通に見られるイタドリと同じと思われます。
by: 花好人 | 2012/10/07 22:57 | URL [編集] | page top↑
# Re: 大谷崩の花について
花好人さま、ご教示ありがとうございます。

> 冒頭のホトトギスですが俗にイワホトトギスといわれるホトトギスの深山タイプのもので、変化が連続的なので通常は区別しません。

イワホトトギスは長野県特産のものと伺っていますし、ヤマホトトギスとヤマジノホトトギスは雄蕊の紫斑の有無で区別されているようです。

> ミヤママンネングサはキリンソウが正解です。

これは以前自分で書きとめたものを誤記していました。

by: 安倍の山伏 | 2012/10/08 19:47 | URL [編集] | page top↑
# ホトトギス
ホトトギス、ヤマホトトギス、ヤマジノホトトギスの三種は満開時の花びらの角度で見分けると簡単です。冒頭の写真のように斜め上のものはホトトギス、水平に出るのがヤマジノホトトギス、反り返るのがヤマホトトギスです。
紫斑の有無は個体差が多くあまりあてになりません。ヤマホトトギスには少ないものが多いのですが、稀にホトトギス並に多いのも見かけます。また開花が早く穂状に咲くのも区別点となります。
by: 花好人 | 2012/10/09 21:08 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://sizuokanoyamatotani.blog58.fc2.com/tb.php/699-db387a8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)