予定は権現

昨日(2/10)は、こんな景色を見てきました。
130210 a
130210 b

登山口の、天女山交差点付近は大混雑でした。 私が着いたのは5時半過ぎでしたが、既にゲート前を除いて満車状態でした。 私は横断歩道横の雪を除け、雪の斜面に何とか停めましたが、中には路上に駐車する方も。 
130210 1
日の出直後くらいに天女山へ。 灌木越しに甲斐駒と北岳が青空に浮かんでいました。 
130210 2  130210 3 
駐車場上まで登ると富士山がスッキリ見え、これから登る権現も・・・。 今日の好天が約束されたようでした。
土曜夜まで10日か11日どちらに登るか迷いましたが、今日にして良かったと・・・。
130210 5 130210 4
天ノ河原からは鳳凰・北岳・甲斐駒から鋸、甲斐駒の横に仙丈が。
130210 6
130210 7 クリックするとかなり大きくなります
1900m付近から始まる急登、2000付近から体調に変化が起きました。 何故か足が上がらなくなり始めました。 三ツ頭まで使うつもりのなかったアイゼンを着け楽をしようとしたのですが、足の調子が戻りません。
300mの登りに二時間も掛かり、何とか着いた前三ツ頭からの眺めです。
130210 8
130210 9
下は南アをアップで
130210 10 130210 11 130210 12
ここで引き返そうかと思いましたが、あと200m行ける所までと思いつつ歩くと、50分ほど掛かりやっとの思いで三ツ頭に。
天気図の読み通り素晴らしい展望が待っていてくれました。
編笠と西岳、その間に青年小屋が見えます。
130210 13
登る予定だった、権現岳。 3・4人の方が登っていました。
130210 14  130210 15
権現と赤岳
130210 18
三ツ頭山頂は(冬にしては)風も弱く気温も高めでしたから、一時間弱ゆっくりさせてもらいました。
富士山はもちろん金峰山の五丈岩も確認でき、遠く中央ア・浅間山・赤城山?も
130210 16  130210 17
ここで足を休ませることができたおかげか、下山は通常よりペースが落ちたものの何とか無事下山できました。

しかし今朝起きて階段を下りる時に、下腿三頭筋と大腿四頭筋に少し強い痛みを感じました。 何年も感じなかった痛みでしたが「齢だから少し休め」ということでしょうか? 実は8日に64歳になり、その記念にとの思いもあって登ったのですが、体力は確実に落ちているようです。
スポンサーサイト
21:25 | 尾根 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
春を探しに | top | 安倍奥  注意!

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://sizuokanoyamatotani.blog58.fc2.com/tb.php/735-47a12843
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)