チョッとした油断から

先々週の鈴ヶ沢、10mの斜瀑で釜へフォールしたのは既に記したところです。
翌日、整形外科医で診察を受け、打撲と診断されえました。
しかし、その痛みが一週間経っても変わらないので、昨日再び見て貰うことに。
先週と昨日のレントゲン写真を見比べると、明らかな違いが私にも見えました。
右坐骨(Ischium)下端から寛骨臼(Acetabulum・大腿骨と股関節を作るところ)に向かって、真直ぐcrackが坐骨の真ん中付近まで走っていたのです。
Ischium 赤線が私のcrack


坐骨亀裂骨折

やっぱり!! 自分の想像は、しっかり悪い方にあたっていました。

フォール後の稜線までの登りは何とか我慢できましたが、中俣を下っている最中は右足を静かに置かないと痛みが走り、T也に度々待ってもらうことに・・・。 車へ乗る時にも、手摺に捕まって静かに腰を下ろさなければならない状態でした。
そして先週も、仕事で車に乗っても右臀部に体重が掛かると痛いので、左側に体重を掛けて運転するということで我慢してきました。 家に帰ってからも、左臀部にクッションを置き、右側は空中に・・・。

医師からは「あと2週間は痛みが続くでしょう」とのこと。
痛み止めの薬を飲んでいますが、効果は?です。 飲むのを止めれば、もっと痛いのかもしれませんが。

昨夜山への扉のトシゾウ君の帰国祝い(NHKの海外取材)で飲みながら、完治後に沢へ行くことを集まった仲間に承諾させました。 
すると今朝、家内から「もう齢なんだから、沢は止めたら!」と強く言われてしまいましたが、「それだけはダメ」と拒否しておきました。
スポンサーサイト
17:20 | 今日は | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
骨折 その後 | top | 鈴ヶ沢東俣(中俣下降)

comments

#
先日はお越しいただきありがとう
ございました。
あの時はまだ打撲だと思っていましたが、まさか骨折だったとは…
お尻だと仕事も大変ですね。
早く完治されることを願っています!
by: トシゾー | 2013/08/21 08:35 | URL [編集] | page top↑
# Re: タイトルなし
> お尻だと仕事も大変ですね。
そうなんですよ! 車に乗っている時間が長いので、座っているのが苦痛です。 なるべく左に重心を掛けて運転していますが、長くやっていると身体のバランスまで狂っちゃいそう! でも早く完治しないと、沢にも行けないので・・・!
by: 安倍の山伏 | 2013/08/21 17:09 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://sizuokanoyamatotani.blog58.fc2.com/tb.php/764-46799f91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)