小谷川

先週は丹沢・小川谷、今日は大井川の小谷川へ水遊びに。(字の順番がいれ変わっても、水と戯れるのは同じ)
静岡県内でも茶処として有名な川根町家山の沢で、入口からの1/3ほどが遡行対象となる。
予定では別の沢に入る予定だったのだが、待ち合わせ場所が不明確だったため(私の連絡ミス)時間が大幅に狂い、短めの水遊びに変更した。

小谷川は狭いゴルジュを泳ぐのが楽しい  (写真をクリックすると大きくなるヨ)
1 釜の奥に滝 釜の奥に滝が   当然 泳ぐ 

2 釜の奥で右に 釜の奥で右に曲がっている   ここも泳ぐ

3 ナメ 樋状ナメ   両手両足で突っ張って

4 小滝連続 ナメの上には 小滝が

5 釜 泡立つ釜  右岸をヘツル

6 4mCS滝 4mCS滝  水量多く右岸高巻き

7 4m上 4m滝上部   左壁を懸垂下降

8 流芯突破 右をへツリ、流芯突破
 
9 右から ここも右をヘツル

10 右から またまた右をヘツル

11 深い釜 深い釜と強い流れを避け、左を巻いた

12 最後の滝 最後の滝   左手前の石を乗り越えてから

小谷川出合から終了まで約2時間だが、中身の濃い遡行が楽しめる。
全て泳げばよかったのだが、体が冷えてしまったので後半は浸かるのを避けてしまった。

写真集が下記にあります。防水カメラならもっと迫力ある写真を撮れるのですが!http://photos.yahoo.co.jp/ph/yamaya2013/lst?.dir=/c16b&.src=ph&.order=&.view=t&.done=http%3a//photos.yahoo.co.jp/

帰りには、露天風呂から鉄橋を渡るSLが見られる川根温泉 ふれあいの泉へ 




 
スポンサーサイト
21:33 | 沢登り | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
もうすぐ、10ヶ月 | top | 丹沢 小川谷

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://sizuokanoyamatotani.blog58.fc2.com/tb.php/78-38bd023f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)