登り納め

昨日は今年最後の山遊びに、日蓮宗本山の身延山へいつものメンバーで行ってきました。

131222 1

スタート地点の三門です。
標高275mから歩き始め、段差の大きな石段(27?段)を登り、身延山久遠寺へ。
131222 2  131222 3
花の時期には、大勢の見物客でごった返す枝垂桜も今はまだ・・・。
131222 4
しかしすぐ横にある池のほとりにでは、梅の花を見ることができました。
131222 5  131222 6
頂上へ向かう道(東コース)は、ロープウェー駅に近い所にあります。 でも上部にある僧坊へ続く道路を歩くことになります。
131222 7
大きな杉・桧林の中、幾つもの僧坊や墓地を見ながら登りますが、車が通れる広い道を歩くのは普通の山道を歩くのと違い何故か疲れます。 樹間から七面山の大ガレが見えたりしますが、展望はほぼありません。
131222 8  131222 9
930m付近から雪が出始め、975mの法用坊に着くと足元は真っ白に!
131222 10
杉の大木が混じる樹林を見ながら登ると、奥之院の一角に着きます。
131222 11  131222 12
ここは東側の展望が良く、足元の富士川から富士山・伊豆半島まで眺められ、日当たりの良いベンチでノンビリです。
131222 13 131222 14 131222 15
一番高い所にある奥之院思親閣の標高は1153mと記されています。 階段の途中両脇にある杉の大木は「日蓮上人」のお手植えだと記されています。
131222 16  131222 17
思親閣裏手の展望台からの眺めです。
131222 p
見える山の幾つかをUPにしてみると、
131222 18 農鳥岳・間ノ岳・北岳
131222 19 塩見岳(双耳峰)と仙塩尾根(新蛇抜山辺り)
131222 20 荒川岳・悪沢岳・千枚岳
131222 21 笊ヶ岳
131222 22 左に茅ヶ岳、中央右に金峰山 
131222 23 金峰山
131222 24 七面山

下山は西コースを辿り、稜線上の道路を感井坊へ下ります。
131222 25
ここから東面の林道を下り、途中「千本杉」という寺林を通ります。 千本は??ですが、かなり大きな杉が目立ちます。
131222 26  131222 27
太い尾根の中央付近で右の道へ入り(徒歩道)、植林の中をジグザグに下ると松樹庵に。 北側の眼下に久遠寺が見えます。
131222 28
林道を進み、左下に沢が見えたら左の徒歩道に入ります。
131222 29
左岸を下ると妙石坊(高座石)、道路に降り、トンネルを抜けしばらく歩いて出発地に戻りました。

快晴、微風の山遊びで今年を締めくくることができました。 今年は二度の怪我で何となく物足りない感じがしますが、大きな事故にならなくて良かった!と思っています。 



スポンサーサイト
17:09 | 尾根 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
大つごもり | top | 八ヶ岳

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://sizuokanoyamatotani.blog58.fc2.com/tb.php/783-40061581
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)