白・赤揃い踏み  八紘嶺

今日は、シロヤシオを見物に!

140601 1

多くの方々は、岩岳・下十枚方面へ見に行かれると思い、静かな八紘嶺へ。
腰の不安もあり、少し早目の7:00にスタート。 その時点で駐車場には2台の車があり、3案番手かと・・・。
140601 2
安倍峠分岐手前からお目当てのシロヤシオが迎えてくれ、分岐すぐ上のシロヤシオは既に盛りを過ぎているように見えました。
140601 3 140601 4 140601 7
左にブナ、右にナラの大木を見ながら登ります。 先日の安倍峠と同様、ササが見られません!
140601 5  140601 6
登山道の左には、満開のシロヤシオが
写真をクリックすると大きくなります
140601 8   140601 9
140601 10 140601 11 140601 12
富士見台では、富士山が
140601 13
足元にはタチツボスミレが所々に咲き、
140601 14
コバノミツバツツジのピンクが目立ちます。 この少し上で下山してくる男性と遇いました。 駐車してあった2台の内の一人で、「三日前に丹沢の檜洞丸へシロヤシオを見に行ってきたけど、人が多くて参った! こちらは静かでいいね」と。 もう一台の方は、安倍峠の方に行かれたとのことでした。
140601 15
真っ青な空にシロヤシオがひときわ白く輝いています。
140601 16  140601 17
尾根から外れると花は無くなりますが、(イトマキ)イタヤカエデの大木などが見られます。
140601 18
尾根上に戻り、
140601 19
ロープが付けられた急坂を登ると、
140601 20-1 
東側に富士山を見て
140601 20
八紘沢の頭に着きます。 八紘嶺山頂に着いたように感じるので、所属会ではここを「偽ピーク」と呼んでいます。 八紘嶺へは少し下って登り返します。
140601 20-2
この辺りのシロヤシオは蕾が多く、 山頂までの間は、咲いている花は少なくなります。
140601 21  140601 22
ツツジも蕾が多くなります。 下写真奥に見えるのは、大谷崩の頭です。
140601 23
急坂を登り、平らになると八紘嶺山頂です。 のんびり写真を撮りながらでも、9:30に着きました。
140601 24
休憩中に一人が着き、その後もう一人が。 すると「かたやまさん!」と声を掛けられました。 “安倍山系”という登山道を網羅した本の著者、松浦氏でした。 5年前にもここでばったり出会ったのを思い出しました。
140601 25 山頂のダケカンバの新芽
松浦氏に「今日はどうして?」と伺うと、2009年5月末の私の記録で「シロヤシオのトンネル」を思い出し、「それを見たくて」とのこと。 私と同じ目的で登って来られたので、一緒に見に行くことに。
そのトンネルは、大谷崩の頭方向へ下った所にあります。 しかし、残念ながら、今年は花芽を付けていない木が多く、期待とは裏腹の咲き具合でした。 全てのシロヤシオが同じように花芽を持つ訳ではないことを知った次第です。
140601 26  満開なら・・・!?
140601 27  140601 28  140601 29
コルまで下って、イワカガミを見て我慢することにしました。
140601 30  140601 31  140601 32
ピンクも幾つか咲いていました。
140601 33  140601 34
山頂まで戻り、松浦氏は下って行きましたが、私は少しの~んびり。

下山途中で見つけたオレンジ色のヤマツツジです。 
140601 35  140601 36
スポンサーサイト
22:05 | 尾根 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑
八紘嶺 | top | 男の料理

comments

#
見事な写真ですね。。
そして松理さんと片山さんがお会いになっていたとは、、
シロヤシオのトンネル、、いつか私も歩いてみたいです。
by: itta | 2014/06/01 22:39 | URL [編集] | page top↑
# 5年ぶり
 記録を調べてみましたら5年前の5月31日でした。
 イワカガミの写真いいですね。私は,1枚も撮らなかったので後悔しています。
by: 松理 | 2014/06/02 09:15 | URL [編集] | page top↑
# Re: タイトルなし
松理さんとは、本当に偶然でした。
シロヤシオのトンネルは開花時期に合わせるのが難しいですが、本当に素晴らしいのでチャレンジしてみて下さい。
by: 安倍の山伏 | 2014/06/02 17:04 | URL [編集] | page top↑
# Re: 5年ぶり
撮らなかったんですか! ひょっとしたら来年白いトンネルが見られるかもしれないので、また同じ時期に行って見ようかと。 その時一緒にどうですか?
by: 安倍の山伏 | 2014/06/02 17:09 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://sizuokanoyamatotani.blog58.fc2.com/tb.php/816-bc681178
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)