見るだけ

前述安倍峠鯉ヶ滝の写真を見られたteam にこちゃんさんから 遡行対象になっていないの?と質問がありました。   

沢と滝を見ると血が騒ぐ私として、お答えしなければなりません。
答えは対象外です。
 
国土地理院の地図にも安倍大滝と書かれた立派な滝がありますが、大滝下流に小滝が幾つかと鯉ヶ滝付近の標高差にして100m程の部分に滝が集中していますが、その上流は部分的に伏流してしまったり幾つかの小滝があるだけで、沢の長さの割に楽しめる部分が少なく、安倍大滝も直登できない(右岸大高巻き)ため遡行対象から外れているのだと思います。
 
下写真が林道から見た安倍大滝です。  日本の滝?だそうです。 
安倍大滝
落差80mとか90mなどと書かれていますが、実際は30m程、冬には氷結したこともあります。
梅ヶ島温泉下流の吊橋から安倍大滝の直下までハイキングコース(往復1時間強)がありますので、紅葉や新緑を楽しみながら見物するのも良いと思います。

安倍大滝で検索すると幾つもヒットしますよ。
スポンサーサイト
21:57 | 今日は | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑
食べ物がナイ! | top | 安倍峠

comments

#
見るだけ!なのですね。
ご親切にお教えいただきありがとうございます^^
これだけ迫力の落差では、登れませんねぇ…
のんびりハイキングが気持ちの良い季節になってきましたので
これから紅葉シーズンに向けて賑わうのでしょうね。
by: にこちゃん♪ | 2006/09/29 14:32 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://sizuokanoyamatotani.blog58.fc2.com/tb.php/84-e04e8762
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)