彼岸の入り

どんなに暑い日が続いても、この頃になると間違いなく咲く花!  ヒガンバナです。
160919 1
宝珠山十輪寺の山門と山門を潜った所に祀られている六地蔵。 お盆の時にはなかったのですが、階段部分中央に手摺が設置されていました。
160919 2  160919 3  写真をクリックすると大きくなります
墓地下の斜面にも彼岸花が。
160919 4
我が家の墓地、山の際!にあるので掃除が大変です。
またお盆と秋の彼岸の頃は、やぶ蚊が多くまいってしまいます。
160919 5  160919 6
最近は息子と二人での墓参が多かったのですが、今日は久し振りに家内と。
160919 7
墓掃除を終え、お参りを済ませた後で気付いたのですが、墓地上の斜面二ヵ所にイノシシの足跡を見つけました。
イノシシも、誰かの墓参りに来るんでしょうか?

一般的には墓参を済ませて帰られるのでしょうが、我が家の仕来たりとして本堂・位牌堂にもお参りします。
160919 8
本堂に隣接している客殿には、江戸期の文人画家 池 大雅(いけの たいが)の軸が三幅掛けられていました。
160919 9

雨予報が出ていましたが、降られずに帰ってきました。
スポンサーサイト
13:44 | 今日は | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
パトロールの前に | top | 三ツ峠山 Ⅱ

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://sizuokanoyamatotani.blog58.fc2.com/tb.php/942-c4bd912d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)