歩き納め

昨日、いつものメンバーで出かけました。
目的地は青笹で、当初は東側・興津川上流の大平からの予定でしたが、K本君の体調がいまいちとのことで有東木・葵高原からに。
161225 1
安倍川を上流に向かって車を走らせ、明るくなってくると稜線付近は雲の中! 天気予報では「晴れ」でしたが、山間部は違ったようです。 
駐車場所から稜線付近が白く見えていたので期待していたのですが、「風穴」を過ぎ、尾根に乗ると霧氷が付いた樹々が!
161225 2  写真をクリックすると大きくなります
足元には霜柱がちらほら見られます。
161225 3
途中、コースプレートが一枚地上に置いてあったので、しっかり視認できる高さに設置。
161225 4
主稜線西側斜面の霧氷は眼下になりましたが、私達が登っている尾根には未だ・・・。 足元のイワウチワの葉は丸まり、赤紫になって寒さに耐えているようです。
161225 5  161225 6
1430m辺りから周りの樹々が白く!なり始めました。
161225 7  161225 8
1500mの稜線に出たら、ミツバツツジ・アセビ・松も真っ白です。
161225 9 161225 10 161225 11
幹の風上側にはミニエビノシッポ風に。
161225 12
足元に雪でもあればベストだったのですが・・・。
161225 13
M浦・K本の二人は青笹山頂まで行きましたが、私はここまで! 
水口峠(←クリックすると国地院地図が開きます)南稜線上で、南側の展望が良い場所です。 「水口峠」と云っても静岡の岳人でも知っている人はいないと思います。 1481m標高点南で東に破線が記されている所ですが、東の破線路は半世紀以上前から使われていません。 その南の尾根に記されているのが「新道(平成9年開通)」ですが、古い地図には有東木からの破線路(旧道・現在は踏み跡も無し)が東に延びる破線路と繋がって記されています。

強い西風も避けられる場所で、温かいものを飲んだり食事をしながら写真を・・・。
161225 14  161225 15
     161225 16  161225 17
二人が戻ってきて、北の細島峠に向かいます。
161225 18
1460m小ピークの北のコルが細島峠で、大きなブナと標識があります。 地図に道は記されていませんが、福士川上流にある奥山温泉への道があります。
161225 19
私達は西へ植林地の中をジグザグに下ります。 尾根が急傾斜になる頃右へトラバースし、植林地から明るい灌木林へ。 この辺り、積雪時は非常に道が判りにくい所なのでご注意を!
下左写真中央が、植林地へ。  下右中央に生えている根曲がりの木の上から水平に北へ進むと赤布があり、そこから右目に下るようになります。 テープが付けられていますがその数は少なく、よく見て下さい。 また、大きめの石も多く、注意が必要です。
161225 20  161225 21
植林地に入りササが出てくれば道形がハッキリし、下写真の岩を過ぎ、しばらく下ると
161225 22
右にワサビ田が見え、新道と合流します。
161225 23
農道と合流すれば、まもなく葵高原駐車場所です。
161225 24

気温0度強の中にいた身体を温めたいので、「うつろぎ」へ。 丁度門松が出来上がったところでした。
161225 25
天そばを食べ、大満足でした。
161225 26
入口横には、早々と狼狽が咲いていました。
161225 27

スポンサーサイト
20:31 | 尾根 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
本年も 宜しくお願い致します。 | top | 浜石岳から薩埵峠

comments

#
霧氷、うつろぎの蕎麦、蝋梅、、年の終わりに素晴らしい山行、、羨ましい限りです。
by: itta | 2016/12/29 23:55 | URL [編集] | page top↑
# Re: タイトルなし
ittaさん、こんにちは。

この日の山遊びは、期待以上のものでした。
所属会恒例の八ヶ岳初雪踏みにも行けず、悶々としていたので・・・。
この一日のために、11月から私の担当部分の大掃除をやっておいたので何とか出来た、貴重な一日でした。
by: 安倍の山伏 | 2016/12/30 15:19 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://sizuokanoyamatotani.blog58.fc2.com/tb.php/953-70e64518
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)