山の日に

昨年の山の日は、TJAR(トランス ジャパン アルプス レース)でV4を確定的にしていた望月君を、富士見峠まで迎えに(もうすぐゴール)出かけていました。  

で今年は、いつものメンバーで八ヶ岳へ。
170811 1
6/5以来2ヶ月ぶりの山遊び、どうなる事か心配でしたが、何とか歩くことができました。
山梨県内では雨に降られ天気が心配でしたが、駐車場はガスの中。 
ロープウェイに乗っても真っ白! 雨の心配を残しつつ歩き始めました。
170811 2  写真をクリックすると大きくなります
ロープウェイには大勢載っていましたが、縞枯山荘方向へ来たのは私達7人と3人のみ。
170811 3
山荘横の沢に水が流れ、雨池峠にも水溜りができていました。 こういう時の木道は、濡れなくて良いですね。
170811 4  170811 5
縞枯山への急登は、皆久しぶりの山歩きなので少々文句が出ていました。
170811 6  170811 7
頂稜の北端に着けば、笑顔が出てきます。
170811 8
ガスで全く展望のない「展望台」に。
170811 9  170811 11
ここには四等三角点「縞枯山」2387.16mの金属標が岩に埋め込まれています。
170811 10

このコースをこの時期に歩くのは、36・7年ぶり。家内と北八池巡りをして以来です。
道は変わっていないけれど、登山道横に踏み跡が多数付けられていたりして変わっている所もありました。
一番変わっていたのが、下写真の茶臼岳展望台です。
170811 12
家内と歩いた時は、茶臼岳は展望もないピークを通過するだけでした。 
溶岩台地まで道が開かれ、天気さえ良ければ素晴らしい眺望が得られることでしょう。
そこには1903年(明治36年)に設置された、御料局三角点(四等)がありました。
170811 13  170811 14
こんな林の中を下り
170811 15
岩ゴツゴツのピーク「中木場」を通過。 ここにも四等三角点「大石山」2232.36mが道から5mほど外れた所にあるのですが、撮り忘れました。
170811 16
大石峠を右折し、
170811 17
笹原を歩く頃ようやくガスが晴れてきて、茶臼山が姿を現しました。
170811 18   170811 19
おとぎり平に近づくと、泥濘にシカの足跡が。 右写真はシカが滑った!跡まで残っていました。 
170811 20  170811 21
おとぎり平分岐です。 地図ではメルヘン街道への道が左折するように記されていますが、実際は直進。 
五辻方向へ右折し、樹林の中の沢状を下り、
170811 22
出逢の辻へ。 この辺り、コケが奇麗です。 左へ進めば、メルヘン街道沿いにある狭霧苑地へ。 今も四阿があるんでしょうか? この付近はその昔(30前後の数年間)、クロカンスキーで遊びまわったところでした。
170811 23  170811 24
右折して、五辻手前の四阿で小休止し、五辻を過ぎた所で、
170811 25  170811 26
薄くなったガスの隙間から縞枯山が・・・。
170811 27
「森林浴展望台」に着きましたが、下方の景色が見えたのはほんの2・3分。
170811 28
濡れて滑りやすくなった木道を歩いて、ロープウェイ山頂駅に戻りました。
170811 29

山中では雨にも降られず、ラッキーな山遊びだったと・・・。
スポンサーサイト
13:33 | 尾根 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
北八の花など | top | 先週は

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://sizuokanoyamatotani.blog58.fc2.com/tb.php/984-95c83b9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)