三ツ峠山

三ツ峠山への距離が一番短い、御坂峠東の金ケ窪沢駐車場(裏口登山道)へ行ってみると既に満車!
少し下った場所に駐車し仲間と連絡をとると、
171105 1
一番奥の駐車場所に置けるとのことで、移動。 今秋初めて、寒い!と思いました。 多分氷点下5度位だったのでは。
171105 2
紅葉見物の登山者が多いものと想像されます。

味気ない林道を、大きなザックと小さなザックが並んで歩いて行きます。
171105 3  写真をクリックすると大きくなります
紅葉は期待していませんでしたが、やはり盛りを過ぎていました。
171105 4
1650mを過ぎた頃、法面には霜柱が! 
171105 5
霜柱の花も・・・。
171105 6  171105 7
コナラの葉も茶色になり、落ちる寸前でした。 もう間もなく冬到来という感じです。
171105 8
三つ峠山荘手前を右に曲がり誰もいない岩場(天狗岩)の上に行くと、紅葉したカラマツの上に富士山が。
台風のせいで雪が解けてしまい、ちょっと残念な姿になっていました。
171105 9
反対側は三ツ峠山(開運山)と、その下に広がる屏風岩が。
171105 10
木無山方向稜線のカラマツが奇麗でした。
171105 11

今回は私が所属する静岡踏岳会「創立80周年記念山行」ということで、表口登山道からも登っている仲間がいますし、クライミング組は既にどこかの岩に取り付いているはず。
集合場所である二つの山荘の中間にある広場に着けば、素晴らしい展墓が・・・。

遠くには真っ白になった槍穂(槍穂の小屋は、西穂を除いて全て小屋仕舞いしました)。 その右手前に八ヶ岳が。  
171105 12  171105 13
西には甲斐駒、その左に地蔵岳のオベリスクも
171105 14
北岳と間ノ岳(左)
171105 15
悪沢岳と赤石岳(左)、その中間に頭が見えるのは奥茶臼山?
171105 16
赤石の左には聖岳(中央)や笊ケ岳。 手前には御坂の節刀ケ岳・十二ケ岳方向。
171105 17
屏風岩・大根おろし上(天狗の踊り場)に人が見えます。 所属会のN竹夫妻のM夫人かも。
171105 18
暫くすると所属会の連中が、天狗の踊り場に上がった来ました。
171105 19
大きなザックで担ぎ上げたのは、30人前のトン汁。 重荷を担ぎ上げてくれた二人に感謝!とっても美味しかったです。
171105 20
クライミング組到着前に、宴会スタート。 勿論アルコール類も担ぎ上げられていました。
171105 21  171105 22
トン汁、アルコールが全ておなかに収まった後で、記念写真を。 参加できなかった大御所二人は、顔写真で。
仕事や体調不良の為参加できなかった会員が多く、半数しか集まれなかったのが残念でした。
171105 23
そして再び岩に取り付く者、下山の途に就く者に別れて解散しました。
171105 24

最後に登っている途中で見つけ、うまく撮れたコゲラの写真を載せておきます。
171105a.jpg  171105b.jpg


スポンサーサイト
18:24 | 尾根 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
防災訓練 | top | 秋のパトロール  大谷崩

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://sizuokanoyamatotani.blog58.fc2.com/tb.php/995-bf2061e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)